くらし レシピ

Hatoshi Shrimp Toast (Nagasaki Prefecture) 九州・沖縄の郷土料理⑫ Traditional Cuisine from Kyushu and Okinawa⑫

中村学園大学短期大学部食物栄養学科とリビング福岡との協同プロジェクト「九州・沖縄の郷土料理」。九州・沖縄各県に伝わる〝ご当地メニュー〟のレシピを英語と日本語で紹介していきます。
英語で料理を学びながら、自宅で楽しく九州・沖縄の食めぐりをしましょう!

Hatoshi  Shrimp Toast (Nagasaki Prefecture)


Make this Chinese-Japanese dish part of your home repertoire!

The Origins of Hatoshi
Hatoshi, made by sandwiching minced shrimp between two pieces of bread and frying, was introduced to Japan from China in the Meiji era. In Chinese “ha” means shrimp, and “toshi” means toast.   

Ingredients (Serves 1)
2 slices of plain bread (thin slices)
50 g shucked shrimp
1/4 egg
3 cm leek
2 g hard flour
3 ml soy sauce
3 ml sake
A dash of salt
A dash of parsley

Instructions
① Mince the white leek.
② Mince the shrimp. Add flour, egg, soy sauce,
sake and salt to make surimi (minced fish).
③ Place the surimi between 2 slices of bread and fry at 160℃ until the bread is browned.
④ Cut into 6 pieces and serve on a plate with parsley.

Point
 Adding the flour to the shrimp mixture will result in softer shrimp.

ハトシ(長崎県)

ハトシの由来
明治の頃に中国から伝わった料理で、海老のすり身を食パンで挟み、油で揚げたもの。
ハトシは中国語で「蝦多士(ハートーシー)」。蝦(ハー)はエビ、多士(トーシー)はトーストを意味します。

材料(1人分)
食パン(8枚切り)2枚、むきエビ50g、卵1/4個、白ネギ3cm、片栗粉2g、しょうゆ3ml、酒3ml、塩少々、パセリ少々

作り方
①白ネギはみじん切りにする
②むきエビは包丁でみじん切りにする。片栗粉、卵、しょうゆ、酒、塩を加えてすり身を作る
③食パンに②のすり身をサンドして160℃の油で色よく揚げる
④③を6分の1にカットして器に盛り、パセリを添える



ポイント
 片栗粉を加えて、エビをソフトな食感にします。

英語レシピ
津田晶子先生(中村学園大学短期大学部准教授)
ケリー・マクドナルド先生(中村学園大学短期大学部非常勤講師)
English Recipes
Akiko Tsuda (Associate Professor, Nakamura Gakuen University Junior College)
Kelly MacDonald (Part-time lecturer, Nakamura Gakuen University Junior College)

日本語レシピ・調理
三堂 德孝先生(中村学園大学短期大学部教授)
Japanese Recipes and Cooking
Professor Noritaka Mido
Nakamura University Junior College