くらし 特集(くらし)

はんなり浴衣美人を目指そう!大人の浴衣の選び方や簡単ヘアアレンジを紹介

素材や色、柄など、どんどん進化している夏のおしゃれ着・浴衣を、大人の着こなしで楽しみませんか。今回は、「呉服のうめね」のマネージャー・白石孝子さんにアドバイスしてもらいました。
「こういうの似合わない…」という今までの固定観念を捨て、第三者の意見を取り入れること。身内や友人、販売店のスタッフに見てもらうのがお薦めです。

「合わせてみたら思いのほか似合った!ということは多いですよ」
特に重視すべきは“生地”。今人気なのは、肌触りがよく通気性にも優れた“セオアルファ®の浴衣(モデル着用)。ほかにも、「綿麻」「綿絽(めんろ)」「綿紅梅」など、高級感のある生地がお薦め(下記参照)。

「大人の女性は、ワンランク上の高級感がある素材を選ぶこと」
浴衣生地を当ててみる時、顔に対して縦にしていませんか。浴衣の襟のラインと同様に、顔に対して斜めに当てましょう。縦と斜めでは、かなり印象が変わります。

「できれば試着がお薦めです。帯もいろいろ合わせてみてください」
モデル/リビ北サポーターズ:小川美央さん
着用商品/浴衣:よしむら(3万2400円)、帯:麻帯(9980円)、飾りひも(4104円)、髪飾り(7344円)、カゴバッグ:夢衣(1万9440円)、下駄(1080円)
浴衣選びに身長や体形などはあまり関係ありません。気になったものや第三者に勧められたものなど、いろいろな浴衣にチャレンジしてみてください。自分の新たな一面が見つかりますよ。
「呉服のうめね」マネージャー
白石孝子さん

取材協力/「呉服のうめね」
小倉北区室町2-3-10
フリーダイヤル 0120-591-529
http://www.umene.jp/

モデルヘアメイク/「美容室フーコー小倉魚町店」(次ページ参照)

浴衣×帯・素材の組み合わせ

大人にお薦めの“素材で魅せる”浴衣と帯の組み合わせを紹介。ぜひ、今年の浴衣選びの参考にしてみて。

絽とは、レース状になるように“搦(から)み織り”という技法で織られた生地。綿絽は、木綿素材の絽です。透け感があるため、涼やかで上品な印象になります。

その名の通り、綿と麻両方の糸が織り込まれている「綿麻」。麻は熱を逃がしやすいため通気性が良く、また吸水性もあって速乾性に優れているので、夏にピッタリの素材です。

綿紅梅とは、高級浴衣の素材の一種で、格子状に太い糸を織り込んだ生地に型染めした染物。生地に凸凹があるため肌に張り付かず、涼しさを感じさせてくれます。

※いずれの商品も「呉服のうめね」で取り扱いあり