くらし 特集(くらし)

大切に、長く着るために! 冬物衣料ちょこっとケア

毎日着ているけれど、簡単には洗えない冬物の服。春先を前に、これまでの汚れや毛玉が気になってきませんか。そこで、自宅でできる、「ちょこっとケア」の方法を教えてもらいました。まだまだ活躍の機会が多いコートやニット、小物類を、この機会にケアしましょう。
 ひと手間①  ハンガーにかける

風通しで湿気を逃す
1日中身に付けていたコートやニット、マフラー。家に帰ると椅子やソファに置きっぱなしにしていませんか? 空気が乾燥する冬ですが、重ね着が多い衣服には湿気がこもりやすくなるので、ハンガーにかけて風通しをしましょう。付いてしまった臭い対策にもなります。

 ひと手間②  ブラッシング

毛玉予防にも効果的なブラッシング
化学繊維(アクリルやナイロンなど)と動物性繊維(ウール、カシミヤなど)がこすれ合って静電気が発生するため、冬の衣服にはホコリが付きやすくなります。これを取らないままにしておくと、毛玉の原因にも。ブラシを軽くかけておくだけで、繊維の中の小さなホコリもスッキリ。大切な服も長持ちします。

ブラシの選び方
ホコリを取るだけでなく、衣類の繊維の「目」を整える効果もあるのが「洋服ブラシ」(写真右)。豚毛などの天然毛のものがおすすめです。手軽にホコリだけを取りたい場合は「エチケットブラシ」(同左)でも十分に効果があります。

ここでは、冬物衣類の気になる汚れや毛玉のケアについて紹介します。
袖や首まわりの汚れが気になる…
どうやって落とす?
  1. 真水を湿らせたタオル(固くしぼる)を用意
  2. 生地の表面をタオルでなぞるようにして拭く(何度も繰り返さず、サッと拭き取るイメージで)
:::::アドバイス:::::
  • ダウン入りのものは、中の羽毛をつぶさないように注意しましょう。
  • 黒ずみやシミが気になるなら、台所用の中性洗剤や、洗濯用固形石けんを使ってみましょう。ただし、やりすぎると「輪ジミ」になって広がるおそれも。手に負えないときは、クリーニング店に相談を。
素材に合わせて、どんなケアをすればいいの?
アクリルは丁寧に扱えば洗濯もOK。ウール、カシミヤは陰干しして湿気を取り、ブラッシングを。レザーは、かたい革(牛革など)は手洗いできますが、やわらかい革は水でぬらさずに、レザークリームなどで栄養を与え、保湿しましょう。
毛玉が増える一方…
服を傷めずに取るには?
  1. 毛玉取りブラシを用意
  2. 毛玉のある衣服を平らな面に広げる
  3. ブラシの毛を繊維に引っかけるように当て、網目に沿ってなでるように取る
:::::アドバイス:::::
  • 毛玉取りの方法はカッターナイフやカミソリ、毛玉取り器などがありますが、生地を傷めにくいブラシを使う方法が一番おすすめです。
自宅での洗い方、干し方、適切な頻度は?
洗い方…おしゃれ着用洗剤で洗濯機の手洗いコースを使用するか手洗いで
干し方…形を整えて平干し
頻度…普段着用なら、ウールは3回に1回。化学繊維ならそれ以上の頻度でも大丈夫
:::::アドバイス:::::
  • 冬は、夏よりも5倍の量の皮脂が出ています。見えない皮脂汚れを放置すると、洗ってもなかなか落ちません。ぜひ、こまめなケアを!
洗濯機(手洗いコース)洗いでもストールの色や風合いをなるべく保つには?
A. おしゃれ着用洗剤に別途、柔軟剤をプラスすると、さらに風合い良く仕上がります。
増野綾希子さん
手洗いでひどく縮んでしまったセーター。
元に戻りますか?
A. バケツ1杯程度の水にシリコン処方のヘアコンディショナー(2プッシュ)を入れ、セーターを浸け込みます。その中でセーターを引っ張るように伸ばし、軽く脱水して形を整え干してみましょう。
草野英里加さん
コートやニットの襟に付きやすいファンデーションの落とし方は?
A. 化粧品は油分の汚れなので、クレンジングオイルなどのメーク落としが効果的です。
西端彩乃さん