くらし 特集(ライフ)

どんとこい、年末!大掃除なんて怖くない!ついで掃除積み重ね大作戦

年末大掃除は、まとめてやるから大変なんです! 何かの“ついで”にできる掃除を毎日積み重ねることで、大掃除の負担を軽くしませんか。

 

「未来縁ジェル」代表 米倉 未来さん
おそうじお片づけコーディネーター。3人の男兄弟を育てながら、セミナー講師や片付けサービスの提供、子育てインストラクターとして活躍中。また、「福岡美魔女SHOP」を主宰。
http://ameblo.jp/miraiengelbmj/

● 先に熱湯、後に冷水​シャンプーやボディーソープなどの石けんカスは、カビの原因にも。特に、壁や鏡にはさまざまな汚れが付着しています。お風呂から出る際に、まずはシャワーの熱めの湯で石けんカスを溶かしてから、冷たい水をかけてカビの増殖を抑えましょう。

● 除菌用アルコールで防カビ

ドアを閉める前に、薬局などで販売されている除菌用のアルコールを、カビが発生しやすいゴムパッキンやタイルの目地などに、ひと吹き。日頃からカビ対策をしておけば、面倒なカビ取り掃除が不要に。

● 壁面の水分を落とす

歯磨きついでに、窓掃除用のスクイージー(水切りワイパー)を使って壁面の水分を落として。スクイージーの水切り面は、ゴム製のものを。壁に密着するので、1度の手間でスッキリ。

● 1日使ったタオルを活用


“拭き掃除は雑巾でしないとダメ”と思い込んでいませんか。どうせ洗うのだから、タオルでOK!お風呂上がりに、朝から手や顔を拭いて湿ったタオルを利用して、鏡やカラン、手洗い場を拭きましょう。

● 体から出る湯気を利用して


温まった体から出る湯気を利用して、洗面所を磨き掃除!体を拭いて湿ったタオル(普通のタオルでもOK)で、鏡やカランなどをピカピカに。「一度汚れてしまうと、掃除が面倒な水回り。キレイにしておくと、来客の際に慌てずに済みますよ」と米倉さん。

撮影協力/みぞえ住宅筑紫野展示場