くらし 住空間あれこれ

vol.19 模様替えをする前にインテリアシミュレーターを使おう

こんにちは、住空間設計室CUBEの長菅由美子です。

すっかりご無沙汰しておりました。
県内外の現場を行き来しているとそれぞれの地域性の違いを感じますが、それも含めて楽しみながら仕事をしています。

さて、今回はインテリアシミュレーターについて。
聞き慣れない言葉かもしれませんが、インテリアシミュレーターとは「室内のインテリアをバーチャルシミュレーションするツール」です。

インテリアシミュレーターってなに?


もともとは新築やリノベーション工事、新築マンションの営業ツールとして営業マンが使うものでしたが、最近は一般のお客様が簡単に使えるソフトやアプリがたくさん出ているんです。
壁紙やタイルなどのショールームでも体験できるようになってきていて、ずいぶん身近になってきました。

インテリアシミュレーターを使うと、家具の配置やカーテンの色、照明のあかりなどを設定で自由に変えられるので、いろいろなインテリアを検討できます。

たとえばこちらもインテリアシミュレーターでつくられた画像。
プロ用ですからかなり精密な仕上がりですが、たとえば右側の収納ドアや窓のロールスクリーンの色を変えていくと室内の雰囲気が変わるのがすぐわかるんですね。


家具の素材もたくさん入っているので、ベッドを違うサイズやデザインに差し替えて好みのものを探す…なんてことも簡単にできます。
 

インテリアシミュレーションをするメリット


これからお引越しシーズンがやってきます。
新居に引っ越して新しい生活が始まる人も多いのではないでしょうか。

引越しはしないけれど春になったら模様替えしたい!という人もいるでしょう。

そういう時ネットショップのサイトを見たりインテリアショップを回ったりしても、頭の中でインテリアを想像しながらまとめていくのはなかなか難しいものです。

家具やカーテンなどを購入する前にインテリアシミュレーションをしておくと、
〇空間全体のバランスを確認できる
〇持っている家具と買い足す家具とがちぐはぐにならないか確認できる
〇色やサイズの選択ミスをしなくてすむ

といったメリットがたくさん。使って損はありませんよね。

インテリアシミュレーターの使い方は?


最近は、誰でも簡単に使えるタイプのインテリアシミュレーターがたくさん出ています。

おすすめなのはスマートフォンで室内を撮影して、その撮影画像の中にソファやテーブルといったインテリア素材を配置できるタイプ。まさに自分の部屋の中に家具を置いていく感覚ですから、現実的なインテリアプランを考えやすいです。

もう少し凝りたいという人向けに、パソコンで操作するタイプもあります。
こちらは専用ソフトをダウンロードして使います。大きな画面で確認できるので、スマートフォンタイプより分かりやすいですね。

できあがったプランを印刷もしくは保存しておくと、ネットショップでの検索やインテリアショップめぐりの際に活用できますよ。
ただしその画像通りの商品が見つかるかは分かりませんから、その時はプロに相談してくださいね。
 
【講座情報】
2月21日(水)に福岡市内で『トータルインテリア講座』を行います。
ご参加いただいた方には、家具や照明器具をお得に購入できる特典をお渡しします。
詳細はHPをチェックしてくださいね。

【インテリアに関するご質問受付中♪】
住まいやインテリアについて相談したいという方のご質問にアドバイスいたします。
どんな小さなお悩みでもOKです。
件名を「住空間あれこれへの質問」と明記の上、column@lisa.co.jpまでメール送信してください。

住空間設計室CUBEのHPはコチラ→★★★
住空間設計室CUBEのFacebookページはコチラ→★★★