くらし 住空間あれこれ

vol.20 春休みに家族でチャレンジ~DIY感覚で壁のクロスを貼り替えてみよう!

こんにちは、住空間設計室CUBEの長菅由美子です。

日に日に春めいてくるこの時期は、模様替えで気分を変えるいいタイミングです。
我が家もつい先日、リビングの家具のレイアウトを少し変えたのですが、子どもたちが「新しいおうちに来たみたい!」と大はしゃぎでした。

模様替えといっても大きなことをする必要はなくて、部屋の一部を変えるだけでも効果があるもの。
ちょうど春休みに入りますから、子どもと一緒に模様替えという体験もおすすめ。

そこで今回は、DIY感覚でできるクロスの貼り替えについてご紹介しましょう。


 

クロスって自分で貼り替えできるの?


DIYブームが起きた数年前から、自分で貼れるクロスがたくさん発売されるようになりました。

大きくは、裏面に生のりがついたタイプと、シールがついたタイプとの2種類があります。
どちらも今貼られているクロスの上に重ねて貼ることができます。

生のりタイプはクロスの裏面のフィルムをはがすとのり面が出てきて、そのまま貼れるというもの。のりが乾ききるまでは貼り直しも可能です。

シールタイプはクロスの裏面が両面テープのような状態になっていて、やはりフィルムをはがすとそのまま貼れます。

シールタイプよりも生のりタイプの方が、同じサイズだと若干重たくなるので、女性が貼るのならシールタイプがおすすめです。

 

貼り替えてみたいけど柄を選ぶのが難しい…


初めてクロスを自分で貼るのなら、窓のない壁面を1面だけ貼り替えましょう。
窓があるとそれだけカット作業が増えますし、貼る手間もかかります。なるべく継ぎ目が少なくなるよう、2~3枚のカットクロスで貼れる壁面だと貼りやすいですね。

悩ましいのは柄の選び方。
ポイントとしては他の3面と色や柄の差があるほうがおしゃれに見えます。

3面ホワイト/貼り替えた1面が薄いグレーという組み合わせよりも、3面ホワイト/張り替えた1面が濃いグレーの方がメリハリが出るというわけです。



他の3面が無地なら、貼り替える1面は柄にするという組み合わせもおすすめ。


子ども部屋だとパステルカラーの色にしたり、ディズニーなどのアニメ柄にしてもいいですね。
部屋に限らず、洗面室やトイレ・廊下などの壁面をお子さん向けにするという方法もあります。

※こちらの事例は専門業者が施工するタイプのクロスですので、イメージとしてご参考ください。

DIY用のクロスは、飽きたらまたはがして別のクロスを貼れるというのが大きなメリット。
その時々の好みを取り入れられます。

もうすぐ春休み、家族で半日DIYにトライする楽しさと新しいインテリアに変わる楽しさをぜひ体験してみてくださいね。

【インテリアに関するご質問受付中♪】

住まいやインテリアについて相談したいという方のご質問にアドバイスいたします。
どんな小さなお悩みでもOKです。
件名を「住空間あれこれへの質問」と明記の上、column@lisa.co.jpまでメール送信してください。

住空間設計室CUBEのHPはコチラ→★★★
住空間設計室CUBEのFacebookページはコチラ→★★★