くらし 高橋伸子さんの家計簿クリニック

子どもの大学費用や老後の資金、どれくらい必要?

妻と子ども2人との4人暮らし。以前は転勤で県外にいたのですが、しばらくは北九州市で勤務の予定です。

今のところ、補助があるので、家賃は駐車場代込みで5万円と抑えられています。車は2台保有していますが、ガソリン代は月に1万円ほど。夫婦の小遣いは、平均で各1万5000円ほどで、必要に合わせて変動します。

子ども関連費は、習い事と幼稚園の月謝。内訳は、長女の習い事代(学習塾・ピアノ)が2万4000円、長男の習い事代(学習塾・水泳)が1万1000円、幼稚園費が2万8000円。将来的に、できれば大学まで行かせてあげたいと考えているため、学資保険などでしっかり備えています。

過去に家を買いましたが、転勤の際に売却。いずれまた、マイホームを持ちたいと思っているのですが、今後も転勤の可能性があるため、しばらくは借家でと思っています。当面家の購入はしないと想定した場合、子どもの大学費用や老後の資金はどれくらい必要でしょうか。

上記は自分なりにベストだと思っている家計です。アドバイスをお願いします。

A
学費は合格点、老後費用はライフプランを立て見積もりを
定期預金や積立投資から、資産運用を始めてみましょう

大幅な黒字家計ですね。勤務先からの家賃補助で、住居費が少なくすんでいるのはラッキー。夫婦とも小遣いが少なめで、堅実にやりくりしている点も奏功です。

他方、食費や教育費、保険に重点をおき、「家計管理は自分なりにベスト」という自己評価。“経営戦略”を立てて、着実に実行なさっているのは素晴らしいです。

課題は、資産運用です。3600万円の金融資産をお持ちですが、約3分の2が普通預金という状況。あとは国債と保険のみです。

今後もリスクをまったくとらない方針でいくか、よく考えてください。資金使途と使う時期をある程度明確にすることで、取ってもいいリスクが見えてくると思いますよ。

教育資金は、支払い中の分も含め学資保険で1000万円以上を大学資金として手堅く確保済み。一般的な学資準備としては合格点といえましょう。

いくらの上乗せが必要かは、進路によりますし、自宅外通学を許容するか否かでも異なります。適性や希望をよく考えて、上乗せ設定してください。

老後資金の必要額をおたずねですが、持ち家かどうかや家のメンテナンス費用、退職金や公的年金支給額に大きく左右されます。まずは、それらを見積もってみることをおすすめします。

なお、当面は予定がないとはいえ、住宅資金でリスクをとるのはやめたほうがいいでしょう。必要な時期に相場が下落していたら困るからです。定期預金にしてはいかがですか。

投資経験がないので、余裕資金の場合も大金を一気に運用するのはNG。積立投資でスタートを。

リビング福岡2017年9月9日号掲載