くらし 高橋伸子さんの家計簿クリニック

夫(無職)67歳、妻(パート)65歳。老後を元気に過ごし、子どもたちを支援するには?

3人の子どもたちが独立し、夫婦2人暮らしです。夫の月収は以前の勤務先からの共済年金で、私の収入は民生委員やパートの仕事によるものです。

自分たちの家と同じ敷地内に、かつて親が住んでいた家があり、民宿のような形で都市からの修学旅行生の受け入れボランティアなどに活用しています。

近くに住む長男が家を建てた際、現金で1000万円ほど支援しており、現在独身の次男や、今は夫の転勤で賃貸住まいの長女がいずれ家を買うときにも、同じくらい支援できたらと思っています。

家計や貯蓄は私が管理していますが、保険関係は金融機関に勤める長男に任せています。

自分たちの老後のことを考えると、年齢的にも病気やけがをすれば一気にお金がかかるので、健康が一番の節約と思い、夫婦共に体には十分気を付けています。手作りの食事を心掛け、無駄遣いをせず過ごす以外に、何か気を付けることや、できることはありますか。

A
黒字分の資産管理も明確にしておきましょう
長男に任せている保険による貯蓄・運用状況も把握を

民生委員やボランティアなど、地域に根差した活動を展開中。充実したセカンドライフをお過ごしですね。健康志向で中長期的な視点での家計費節約にも取り組んでおられる点も素晴らしいです。

その一方で、小遣いは夫婦同額の3万円と多めの配分です。子育てが終わり、夫婦それぞれが主体的にお金を使えるようにしているのでしょう。 家族の輪も大切にしておられ、子ども3人に公平に援助しようとなさっているようです。

考え方はよいものの、次男と長女への援助と、老後生活のバランスをどうとるかが課題です。貯蓄残高が1500万円ですから、2000万円をお子さんたちに渡すには、計画をしっかり立てる必要があります。

お便りによれば、月収は共済年金でまかない、特別収入は基礎年金等とのこと。妻年金、の記載がないのは不思議ですが、毎月の収支が年約77万円の黒字で、特別収支が50万円の貯蓄を含め、年209万円の黒字です。

それらの黒字の合計は、年286万円。貯蓄に回せば5年半後には貯蓄が倍増するので、貯蓄でまかなえるという目算なのかも…。

ただ、特別収支の黒字分のうち、貯蓄に回っていることが明確なのは50万円だけ。159万円の使途が不明です。毎月の黒字分の使途も含め、資 産管理をしっかりすべきです。

長男が保険会社勤務ということもあってか、生命保険料は年97万円超と高額です。貯蓄性の高いもの、投資性の高いものもありそうです。投資信託も含め、内容をチェックして賢い対応を――。