くらし 高橋伸子さんの家計簿クリニック

現在は共働き。子どもが出来た場合、夫の給与のみで子育てするには、いくら必要?

共働きの夫婦です。お金が貯まったら子どもが欲しいと考えていますが、子育てに具体的にいくらほど必要なのかが分かりません。

子どもはできれば2人欲しいと思っています。私は今、会社員として勤めていますが、出産する場合は退職予定。なので夫の給与だけで、下の子の小学校入学くらいまでは生活ができるように、貯蓄をしておきたいです。その後は状況を見て、フルタイムかパートで再就職しようと考えています。

月々と年間の黒字分を合わせ、年間200万円を夫の普通預金口座に貯めていますが、何かほかに良いお金の貯め方がないかと悩んでいます。資産運用にも興味があります。

夫の定期預金口座は、結婚前に貯めていたもの。保険は、家計簿に記載の夫の個人年金保険と妻の生命保険のほか、毎月1万円給与天引きされている夫の終身保障付き生命保険にも入っています。

子育てのためにどれくらいの貯蓄目標を立てたら良いか、効率よく貯めていくにはどうしたら良いか、アドバイスをお願いします。

A
教育費は家庭の方針を立ててから目標額を設定して
専業主婦の間は、児童手当は教育貯蓄にあてましょう

子育て費用を見積もるのは難しいものです。まず、どんな育て方をし、どんな教育を受けさせるかによって、費用が違います。

また、公的な支援の状況により、親の負担額が変わります。公的支援は充実の方向にありますが、不確定な部分も多い状況です。日常の家計費の範囲でまかなうべき費用と、貯蓄や保険で準備すべき費用を割り出す必要もあります。

基本的には、高校卒業までは、年収や祝い金の範囲内に収めるべき。貯蓄を取り崩してまで私立の小中学校に通わせるのはおすすめできません。

専門学校や大学等、年収でまかなえない高等教育費用については、子ども1人につき月5000円(18年で108万円)を基準に0歳から貯蓄(保険含む)で用意しましょう。

目標額については、経済力と教育方針によって、各家庭ごとに設定してください。祖父母等からの援助が期待できる場合は、それも加味します。 既に945万円の貯蓄を達成しているので、一時的に専業主婦になっても当面は困らないでしょう。夫婦の小遣いや通信費、レジャー費を削減すれば、夫の給料だけで生活できるはず。問題は貯蓄に手が回りそうもない点です。

専業主婦時代は、児童手当を教育貯蓄に回し、状況に合わせて積み増しましょう。ただし、車の買い替えや住宅購入で貯蓄を取り崩す可能性もありそう。できることなら、出産後も共働きを継続した方が安心です。資産運用については、基本的な知識を身に付けた上で“お試し投資”からスタートを――。

リビング福岡2018年1月20日号掲載