くらし 高橋伸子さんの家計簿クリニック

新居の住宅ローン返済中…支出を抑えるには?


Hさんの家計簿(熊本市在住)
[夫(会社員)45歳、妻(パート)41歳、長男14歳、次男11歳]

熊本地震で被災し、昨年の夏に念願の戸建てを購入。頭金に加え想定外の出費続きで貯蓄をほぼ使い、これを機に家計を見直したいです。夫は数年前から管理職になり、昇給はあったものの残業代はカット…休日出勤も増えました。

週3回ほど夜に接待などがあるため、小遣いの減額は難しいです。息子はそれぞれ異なるスポーツのクラブチームに入っていて、親子参加の懇親会やチームウエアの購入など、毎月の交際費もかさみます。

外食は少なめですが、子どもたちのウエートを増やすための食事トレーニングで、毎月お米だけで30kgは消費しています。チーム活動が一年中あり夫婦二手に分かれて引率や送迎を行うため、車1台では困難に。

夫からは2台目として軽自動車を購入したいと言われています。知人に送迎を頼んだり車を借りたりするのも、そろそろ限界…。この状況で車2台の所有は可能でしょうか。また、息子2人を進学させるには、私はパートで大丈夫でしょうか。

地震以降おざなりの家計でしたが、ようやく心に余裕が出てきました。見直すべき点など、アドバイスをお願いします。

A
通信費と冠婚葬祭費の見直しにチャレンジを
上記支出の削減に努めれば、軽自動車を追加しても大丈夫でしょう

念願のマイホームの実現、おめでとうございます!  貯蓄をかなり取り崩した、とのことですが、教育資金準備のほかに300万円の貯蓄があります。

給与、ボーナスともに黒字率が高いですから、計画的にお金を使っていけば、安定した暮らしができると思います。

お子さんの送迎のために軽自動車を購入すると、貯蓄も家計の黒字も減り、やりくりが大変です。でも、Hさんのお宅では、お子さんのスポーツ活動支援が、家族の輪、活力の源なのですよね。

そのために何かを少しガマンする、というコンセンサスが大切。その覚悟があれば、2台目の車の購入も許容範囲と思います。何をガマンするか、ですが、毎月の家計では通信費、ボーナスでは冠婚葬祭費の削減に挑戦してください。

冠婚葬祭関係は、予測がつかない支出もあるので、コントロールが難しいもの。しかし、「お金をかけず心をかける」という姿勢で、見栄をはらないようにしましょう。

お子さんたちの進学費用については、どのような進路かにより、お金のかかり方が違います。適性を見極めて時間とお金の無駄を省きたいもの。進路について、お子さんと話し合ってくださいね。

あなたがパートのままか、フルタイム勤務などで収入増を図るかは、その上で決断しましょう。また、お子さん中心の生活スタイルも、いずれ見直す時期がくるはず。夫婦それぞれの趣味や、夫婦共通の趣味を持つことも大切です。お金をかけずに楽しめることを、今のうちから見つけてはいかがですか?

「高橋伸子さんの家計簿クリニック」相談者募集中!
紙面に掲載された方には商品券を進呈

リビングの人気コーナー「高橋伸子さんの家計簿クリニック」では、相談者を募集中です! 保険のこと、マイホームのことなどお金にまつわる気になる 悩みを相談してみませんか。 家計を見直すよいきっかけにもなりますよ! 選考の上、リビング新聞紙面に掲載いたします。紙面に掲載された方には商品券を進呈。掲載する場合のみ、編集部からお電話いたします。
※応募は福岡県在住の方が対象です
※リビング新聞紙面に掲載した場合、リビングWEBにも掲載します。了承の上、ご応募ください。