くらし 高橋伸子さんの家計簿クリニック

手当がなくなり収入減に、今の生活を保つには?


Hさんの家計簿(北九州市在住)[本人(専門職)38歳、長女6歳]

「家計簿クリニック」をいつも参考にさせてもらっています。

わが家は母子家庭で、6歳の娘と2人暮らし。私は病院でフルタイムで働き、月10日前後の夜間勤務もしています。夜勤時は娘を実家に預けていますが、一緒に過ごす時間をもっと増やすため、夜勤をやめて日中だけの勤務にしたいと考えています。しかし、そうなると約4~5万円の夜間手当がなくなります。

また先日、住宅を購入。頭金なしでローンを組み、返済は月7万円以下にするつもりです。入居予定は約1年後ですが、持ち家では住宅補助手当(月2万7000円)もなくなります。夜間手当と合わせ、月7~8万円の収入減の見込みです。

来年、娘は小学生になりますが、浮いた幼稚園代を補てんしても、ギリギリか赤字の収支だと思います。しかし、習い事代などの教育費は削りたくないですし、仕事ができなくなった時や老後に備えて貯蓄も続けたいです。

今の貯蓄に手を付けずに、生活水準をある程度保ったまま生活していくためのアドバイスをいただきたいです。よろしくお願いします。

A
通信費や被服費、雑費などの見直しにチャレンジして
年ベースで発生する支出も予算に組み込んで管理しましょう

お子さんの小学校入学を契機に、働き方を変え、新居で新たな生活をスタートするのですね。すてきな計画です。ぜひ成功させましょう。

夜間勤務手当がなくなることや、住宅補助がなくなることは、やりくりに織り込み済みのようです。幼稚園代がかからなくなるため、なんとかなる、と判断なさっています。

毎月5万円の普通預金と3万円のiDeCo積立を継続する決心は立派。これができれば、年96万円の貯蓄が達成できます。通信費や被服費、雑費などの削減に挑戦し、ぜひ初志貫徹してください。

気になるのは、特別収支です。年100万円の収入に対して、決まって出ていくのは30万円。収支差額の70万円の行方が分かりません。

ムダ使いはしていないでしょうが、冠婚葬祭費や旅行代、家具家電品などの出費もあるのでは?

年50万円を貯蓄に回し、残り20万円は予備費として、年ベースで管理することをおすすめしたいです。

銀行預金が普通預金のみ、という点も見直しが必要です。超低金利とはいえ、定期預金にすれば、普通預金の10倍以上の利息がつきますから…。

住宅購入時にかかる諸費用を除いて、すぐに使う予定がないお金は、定期預金など簡単に下ろせないようにしておいた方がいいでしょう。

総合口座の定期預金なら、急にお金が必要になったときに当座貸越(担保融資)が利用できて安心ですよ。

お子さん名義の貯蓄もたくさんお持ちです。ネット定期などに預け分けて、使う時期まで大切に運用してはいかがですか。

「高橋伸子さんの家計簿クリニック」相談者募集中!
紙面に掲載された方には商品券を進呈

リビングの人気コーナー「高橋伸子さんの家計簿クリニック」では、相談者を募集中です! 保険のこと、マイホームのことなどお金にまつわる気になる 悩みを相談してみませんか。 家計を見直すよいきっかけにもなりますよ! 選考の上、リビング新聞紙面に掲載いたします。紙面に掲載された方には商品券を進呈。掲載する場合のみ、編集部からお電話いたします。
※応募は福岡県在住の方が対象です
※リビング新聞紙面に掲載した場合、リビングWEBにも掲載します。了承の上、ご応募ください。

リビング福岡2019年2月9日号掲載 ※情報は掲載時点のものです