まち FUKUOKA PEOPLE

笹井浩生さん((株)悪の秘密結社代表取締役)

今、福岡で注目の人にインタビュー。今回はヒーローショー・陰の立役者

“人を見たらヒーローと思え”
悪の秘密結社は今日も行く!

笹井浩生さん

◆2000人の「ガンバレー!」に、仮面の下で号泣

「悪の秘密結社です」と現れたのは笹井浩生さん。悪役怪人だけのヒーローショー専門会社を運営する笹井さんですが、およそ“悪”とは程遠い、ソフトな受け答えが印象的です。

高校生の頃、アルバイトで悪役として出演したヒーローショー。「倒されそうなヒーローに、ホール中の子どもたちからガンバレー! と精一杯の声援が。その一生懸命さに感動して、仮面の下で号泣。この仕事に魅せられた瞬間でした」と笹井さん。

その感覚が忘れられず、福岡で同社を立ち上げたのが2016年のこと。「親や友達、会社の先輩や上司、誰もが誰かのヒーロー。ショーを通して、それを伝えたい」と話します。

◆ヒーローショーで食べていける仕組みを作りたい

ではなぜ悪役専門に? と尋ねると「ご当地ヒーローは各地にいますが、悪役怪人、しかも会社組織となるとほぼ無かった。そこに目をつけました。ヒーローショーの出演料はとても安く、食べていくのはひと苦労。その現状を変えたいというのが、会社化した理由のひとつなんです」と話してくれました。

ショーを軸にイベント全体の企画や運営、怪人の造形もトータルで手掛けるなど、仕組み作りにも力を入れています。今年の夏からは、同社の社長を名乗る“ヤバイ仮面”が、親不孝通りの公認キャラクターに就任。

「お互い名前で苦労する、ということで同盟を組みました。ゴミ、らくがき、飲酒運転ゼロを呼び掛けます。悪役が良いことをしてると言われますが、悪の秘密結社の最終目標は地球征服。きれいな地球を“居抜き”で欲しいんです」と、ニヤリ。

熱いハートと、冷静な視点を併せ持つ28歳が率いる秘密結社。その未来に注目です。

 
Ⓒakunohimitsukessya Inc.悪の秘密結社“構成員”兼社用車「車と恋は急に止まれないマン」。自動車税の時期にはヤバイ仮面が泣いている



 

ヤバイ仮面からメッセージ

Ⓒakunohimitsukessya Inc.
悪の秘密結社、真の社長である“ヤバイ仮面”。悪の構成員を束ねて各地のイベントなどを受注している。
よう! 俺が株式会社悪の秘密結社“真の”代表取締役社長、ヤバイ仮面だ! 上で人間のヤツがなんかいい感じの事言ってるみたいだが…まあ…概ね…だいたいのところその通りだ! 俺が言うんだから、信じてやっていいぞ。

そうそう。悪の秘密結社には俺以外にも悪の構成員がたくさんいるからな。どんなに恐ろしいやつらがうごめいているのか…。そして、俺たちがこれからどんなところに出没するのか…。ククククククッ。そこのお前、見たそうな顔してるな。そんなかわいい奴は、下のURLなんかをクリックしちゃだめだからな。ま、しちゃうだろうけどな!

■悪の秘密結社HP
http://akunohimitsukessya.com/

笹井浩生さん
(株)悪の秘密結社代表取締役。時計店、広告代理店の営業などを経て2016年にヒーローショー専門の会社を起業。ショーの企画・運営のほかご当地キャラやヒーローのコンサルティングも行う

リビング福岡2017年11月4日号掲載