まち FUKUOKA PEOPLE

安田一平さん(花生産者)

“福岡の花の魅力を伝えたい!”若き花生産者にインタビュー

花への情熱がぶつかりあう!
「花いけバトル」福岡チャンピオン

安田一平さん

福岡県は、全国有数の花の生産地。しかし、消費量はあまり多くありません。そんな現状を変えるべく、福岡では花関連の催しを多く実施しています。

安田一平さんは、赤村と宮若市の圃場(ほじょう:農作物を育てる場所)でサクラやモモなどの“枝もの”を中心に生産しつつ、イベント出演などを通じて、福岡の花の魅力を紹介しています。

◆“花いけパフォーマンス”を通じて届いた、消費者の声

近年、注目を集めているのが、花を使った新たなイベント「花いけバトル」。観客の前で、同じ制限時間・器・花を使うなど決められた条件の中で、バトラー(花の活け手)がそれぞれの腕を競うものです。

安田さんは、バトラーの多くをフラワーショップスタッフやフラワーアーティストが占める中、異色の“生産者バトラー”として参加。2017年、福岡チャンピオンに輝き、全国ベスト4に残りました。

「“枝もの”を扱っているので、大型作品を制作する際には枝の向きなどを瞬時に判断できるのが強みですね」

イベント出演をきっかけに、福岡での花関連の催しにも多く呼ばれるようになり、消費者と話す機会が増えたそう。

「これまで、消費者と生産者がコミュニケーションをとれる場所はほとんどありませんでした。“こんな花が欲しい”など、消費者が求めているものを直接聞けるのはありがたいです」

◆花業界を盛り上げたい!

筑豊の若手花生産者で構成されるグループ「筑豊フラワーコミュニティ」にも所属し、フェア出展など忙しい日々を送る安田さん。 「筑豊フラワーコミュニティ」の仲間たち。熱い思いで、福岡の花業界を盛り上げるべく活動中 これからの展望は?
「若い人の就職先として選ばれるような、魅力的な業界にしたいですね。今は季節を問わずいろいろな花が生産されていますが、やはり季節感は大切。日本の四季を大切にして、生産を続けていきたいです」

「家族の笑顔を見ると、疲れも吹き飛びます。ぼくを支えてくれる大切な存在です」

■合同会社 Branch 4 Life 
■有限会社 グリーンハート安田花卉

TEL 080-8555-4224
Instagram= ippei.yasuda_b4l

安田一平さん
「合同会社 Branch 4 Life」代表。枝物・リーフ生産事業とフラワーディスプレイ事業を行う。花卉(き)産業の人材育成を通して、農産業界全体の発展に貢献することが目標。第55回全国青年農業者会議、農業経営の部で農林水産大臣賞。福岡県フラワーデザイン品評会6年連続ファイナリスト

リビング福岡2019年6月21日号掲載 ※情報は掲載時点のものです