「シンプルの正体 ディック・ブルーナのデザイン展」に行ってきました!

先日、福岡市中央区天神 三菱地所アルティアムで開催中の「シンプルの正体 ディック・ブルーナのデザイン展」に行ってきました。

絵本「ミッフィー」(うさこちゃん)シリーズで知られ、2017年2月に惜しまれながら89歳で亡くなったオランダの絵本作家、ディック・ブルーナ氏。

グラフィックデザイナーとしても活躍し、ペーパーバックの「ブラック・ベア」シリーズ(の表紙デザイン)も代表作としてよく知られているところ。

これらの作品に共通するキーワードは「シンプル」。ブルーナ氏のデザインはシンプルでありながら温かみやユーモアを感じさせるもので、そこが多くのファンをひきつけてやまないところでもあるといえます。

今回の展示ではこれまでの作品を振り返り、200冊を超えるペーパーバック、およそ40点のデザイン原画やスケッチ、ミッフィーやボリスなどの絵本原画およそ30点、ポスターの複製などを加えたおよそ500点が展示されています。

 

第1章は「心をとらえるシンプル」ゾーン。ペーパーバックとポスターが展示されています。

 

第2章は「想像力を引きだすシンプル」ゾーン。絵本作品における「シンプル」に特化してまとめられています。ブルーナ氏の絵本作品は約60年間で120冊以上、50ヶ国語に翻訳されているのだそう。すごいですね。

ここではブルーナ氏の未発表作品「クマくんがしんだ」(仮題)も展示。これはブルーナファンならずともみてほしい作品です。

 

第3章は「シンプルの明日」ゾーン。日本のデザイン界新進気鋭の4組がブルーナ作品からインスピレーションを受けた新作を発表。遊び心あふれるゾーンになっています。

物販ブースも充実。

この展覧会限定のグッズもたくさん揃っています。

自分用に、おみやげに、どれにしようか迷ってしまいますね。

「シンプルの正体 ディック・ブルーナのデザイン展」は7月2日日曜日まで。

詳しくは三菱地所アルティアム公式HPをチェックしてみてください。

※写真撮影は第3章のみ可能(取材時は許可を得て撮影しています)

 

シンプルの正体 ディック・ブルーナのデザイン展
開催中~7月2日(日)まで
福岡市中央区天神1-7-11 三菱地所アルティアム(イムズ8F)
TEL 092-733-2050
10:00~20:00、※6/20(火)は休館日
入場料:一般400円、300円、高校生以下無料、再入場可

地域レポーター コウたろうさん
福岡市東区在住、5歳と2歳のママです。こどもたちと一緒に福岡生活を楽しんでいます。どうぞよろしくおねがいします。