福岡で南インド料理を食べる? ~106サウスインディアン 福岡天神店さん~

インドカレーっておいしいですよね~。

でも、同じインドでも北部と南部では食材や使われるスパイスが違うことをみなさんはご存知でしたか?
北部のカレーは牛乳や生クリーム、バターを使用しているのでトロトロ系。
これをチャパティやナンと一緒にいただきます。
対する南部のカレーはココナッツミルクを使用することが多く、サラサラ系。
こちらはお米と一緒にいただくのが基本。

そして、北部でよく使われるスパイスはクミン、カルダモン、ターメリックなどですが、南部ではマスタードシード、レッドペッパー、カレーリーフが多く…
と、インドカレー好きの私に語らせると止まらなくなるのでそろそろ本題へ。

天神で南インド料理が食べたくなって【106サウスインディアン福岡天神店】さんへまたまた母と待ち合わせて行ってきました。
北九州にある本店はミシュランガイド福岡・佐賀版にも掲載された人気店です。


南インドなんだからお野菜たっぷりのミールスを食べるぞ! と心に誓ってきたのに、お肉系のカレーに目がいってしまい…結局、私は平日Aランチ、母がBランチをオーダーしました。


まずはAランチでチョイスしたお店で1番人気のカシミールカレー。
深い味わいで一口食べると口中にスパイスの香りが広がります。
辛いもの好きさんも納得の辛さですが、辛さの中に旨みがあり、「辛い、でもおいしい!」のサイクルでどんどん食べてしまいます。


そして、ナンが大きい!
ハーフナン&ハーフライスでお願いするべきだったなと…カシミールカレーはスープ状なのでご飯にぴったりなんです。

あと、カシミールカレーに続いて人気なのがジューシーでやわらかなタンドリーチキン。
12種類のスパイスと自家製ヨーグルトに2日間漬け込まれており、ソースが多め。
写真(ナンの左斜め上)で見るとまるでカレーのようです。


Bランチはカシミールカレーとバターチキンカレーのセットです。
辛味が少なく、バターの風味豊かなバターチキンカレー。
トロトロの上をいく濃厚さでナンにぴったり。
南インドだけじゃない、北インドのカレーが食べられるのも嬉しいところです。


106サウスインディアン 福岡天神店
〒810-0021
福岡県福岡市中央区今泉1丁目17-14
TEL:092-791-1065

ちなみに、カシミールカレーってカシミール地方のカレーかなと思いがちですが、東京の某有名カレー店で1番辛いカレーの名前だそうです。
次回はカシミールカレーの誘惑に負けず、ミールスをいただきたいと思います。
地域レポーター foodstylist hanacoさん
フードスタイリストとしてメニュー開発、フードライター、料理講師など幅広く活動しています。食関係の通訳、翻訳、英語講師と英語のお仕事も少々。のほほんな1児の母です。

情報は2017年2月16日時点