【京都トリップ】これであなたも京都通、河井寛次郎記念館

はじめまして!yukinaと申します。旅情報、美味しいもの情報などなど、色々とお伝えしていきたいです。


みなさん、河井寛次郎さんという陶芸家さんをご存知でしょうか。
今では誰でも知っている、民藝という言葉を創造し、もともと島根の大工の出身で、東京高等工業学校(現在の東京工業大学)で科学的に窯業を学び、卒業後、京都市立陶芸器試験場に入り、一万種もの釉薬の研究をされていた方です。
研究もしながら、作品も作り始め、すぐに頭角を現しますが、「名を超えたところに仕事がある」として、それまでの中国古陶磁の作風を捨て、暮らしの中の美「民藝」の作風へ移られた、異色の作家さんです。
 
現在、河井寛次郎の作品はこの記念館のほか、425点もの数が収蔵されている京都国立近代美術館を筆頭に、東京の日本民藝館、島根県の足立美術館など、いろいろな場所に所蔵されています。
 

「暮しが仕事、仕事が暮し」


河井寛次郎記念館は、清水寺から歩いて5分ほどのところにあります。清水焼の里です。
一本入った、いかにも京都という街並みの中に、河井が30歳のころ登り窯と土地を購入してから晩年まで生涯をそこで過ごした家屋兼工房がそのまま記念館になっています。現在の建物は、河井本人が設計し、大工である兄とその職人達によって建てられたものです。
 
外観は、京都の町家のように見えますが、中に入ると、飛騨の高山や朝鮮の民家をイメージした設計となっています。
きれいな藤棚のある中庭の奥には、京都で現在、唯一見学できるように残っている登り窯が鎮座しています。清水焼の里が当時の趣のまま残っているような風情です。そこに生活があり、芸術があり、その息遣いが聞こえてくるような家屋です。

ちなみに、この藤棚の藤の花は、河井本人の娘さんが生まれた記念に自ら近くの山からとってきて植え替えた、という心優しいエピソードが残っています。

作風は、第一期、第二期、第三期に分かれています。
第一期は、中国の古陶磁をモチーフとした伝統的な作風、第二期は、民藝運動と連動した、生活の中の美を追求していった作風、第三期は、木彫も含めた造形美を求めた独創的な世界となっています。
 
河井寛次郎のお孫さんであり、同記念館の学芸員でもある鷺さんにお話を伺いました。
 
河井寛次郎が時代を超えて愛されている理由は、「河井の人柄」と。己に厳しく、他人に優しい人で、言霊を大切にし、心が上向きになる言葉をかける心優しい人だったそうです。自由を愛し、そして他人の自由も認めていた人、とも語られていました。
 
代表作は、とお尋ねすると、「どれでも構いません」とのこと。
学芸員として一番見てほしい作品は、とお聞きすると、「記念館全体、窯も含めて」「河井の体内に入っているような気分になっていただけると嬉しい」と。確かに、記念館自体に生活と芸術作品を生み出していた時の息遣いが残っている、と私自身感じました。
河井寛次郎が残した言葉は、多々ありますが、一番有名なのは、「暮しが仕事、仕事が暮し」という言葉です。確かに、この記念館を訪れて、その言葉がしっくりくる印象を受けました。
 
鷺さんは、河井寛次郎のお孫さんとのことで、個人的に気に入っているのは、子供をモチーフにした木彫作品で、ひょっとしたら自分がモデルなのでは、とのことでした。
河井寛次郎が没した時鷺さんは9歳でしたが、子供であってもその人格を尊重してもらっていたように思えるそうです。そんなところにも河井の人柄がにじみ出てきています。
展示は入れ替えがあるため、必ずしもその像を鑑賞できるかはわかりませんが・・・とのことでした。
河井寛次郎は、生真面目な民藝運動の中心人物でありながら、タバコも晩酌もたしなみ、自らデザインしたキセルなども展示されていました。愛煙家故か、記念館としては珍しく、喫煙コーナーが奥の陶房の一角にありました。
 
 
 
最後に福岡の皆さんへ鷺さんからメッセージをいただきました。
「河井本人は、島根、同じ西日本の出身です。20年ほど前に大濠公園横の福岡市美術館で展覧会をおこなったとき福岡を訪れ、自然と都会のバランスが取れていて食べ物もおいしいし、とても素敵な街で大好きになりました。新幹線も京都まで通っていますし、ぜひ河井寛次郎記念館へお越しください。」
 
清水寺から徒歩5分ほどの裏路地にある、河井寛次郎記念館。お近くへお越しの際は、是非尋ねてみてはいかがでしょうか。私は、今度は、一日中、開館から閉館まで、河井寛次郎の体内に入ってゆっくり過ごしたいと思いました。
 
河井寛次郎記念館 アクセス
http://www.kanjiro.jp/access/
 
地域レポーター yukina.Sさん
アラサーの主婦です!旅行と食べること、節約が大好きです。福岡県内の魅力的なところを、時々、全国のいいところをお伝えしていきます!