外はカリッと中はジューシー!~もも焼きト酒おがたさん~

今日は西新駅から徒歩5分、城西にある鶏の炭火焼のお店をご紹介します。

赤い鶏マークのちょうちんが目印の「もも焼きト酒おがた」さんです。
夜な夜な家族でお邪魔しました。


オープンしてまだ1年弱ですが、平日も満席の西新界隈で人気のお店です。


メニューは至ってシンプル。
とにかく、精鋭揃いのラインアップです。


まずは、鶏と相性抜群のきゅうりからスタートです。
お通しでも出てきますが、それプラスでオーダーしました。
ごま油の香りが食欲をそそります。

ビールとも相性ぴったり。
スタイリッシュな店内のカウンターだけに張られた藍色のタイルがまた素敵です。


高く盛られたももタタキが登場です。
炭火でさっと炙られた皮めからは脂がジュワ~、そしてレアに仕上げられたもも肉からは旨みがジュワ~。
こうなると日本酒が飲みたくなります。


日本酒と焼酎のラインアップも多くて、選ぶ楽しみもあり。


主人(ご主人ではなく、我が家の主人です(笑))チョイスの糸島産山田錦を使用した若波をいただきます。
若波ブランドのコンセプトは、やわらかい甘味が押した後のスッと切れる引き味ということで「味の押し波、余韻の引き波」。
納得の味わいです。


ついにやってきましたもも塩焼きです!
肉が縮まないように一枚で焼きあげた後にカットされた鶏もも肉はレアに仕上げられ、外はカリッと中はジューシー。
今まで食べていた炭火焼とは似て非なる食べ物という印象です。
すごいボリュームで男性だったら2人前、女性だったら3人前はあるかと思います。


小3息子用にはいつものおにぎり。


そして手羽先です。
皮めパリッと少し濃い目の味付けがビールにぴったり…ではなくて、おにぎりにぴったりだったようです。

もも焼きト酒おがた

〒814-0003
福岡県福岡市早良区城西1丁目8-20
TEL: 092-851-2840

 
地域レポーター foodstylist hanacoさん
フードスタイリストとしてメニュー開発、フードライター、料理講師など幅広く活動しています。食関係の通訳、翻訳、英語講師と英語のお仕事も少々。のほほんな1児の母です。

情報は2018年10月5日時点