【西新】大人だけの空間で楽しむ日本酒とおばんざい~食堂 ニコラさん~

福岡に引っ越してきた当初からずーっと気になっていて、行きたくても、なかなか行けなかった西新の【食堂ニコラさん】。

なぜかと言うと…子連れNGなんです!

ファミリー層の多い西新で子連れNGのお店はめずらしいのですが、大人だけでゆっくりと食事ができて、じっくりと飲めるお店って、個人的にはすごく大切だと思っています。

今回は小3息子がお友達のお宅へお泊りに行ったので、「しめしめ」と主人と二人で大人の空間にお邪魔して来ました。


佇まいから「日本酒がそろってます!」感が漂います。
 

メニューの充実度にびっくり

店内に入って、予約の名前を伝えるとすぐに案内してもらえました。


外は寒いけど、やっぱりビール!ということでオーダーしたら、主人が大好きなハートランド。
濃いめに味付けられた五目煮が、ビールのお供にぴったりで、期待値があがります。


お目当てのおばんざい盛り合わせを発見です。
スタッフの方が「当店はシェフが一人ですので、お料理の提供にお時間がかかります。もし、おばんざい盛り合わせをオーダーされるようでしたら、20分ほどかかりますので、早めのオーダーがおすすめです。」と丁寧に説明してくださいました。
こうして教えてもらえると、オーダーの順番が決まるのでありがたいです。


おばんざいを待つ間には「早くでる肴」をオーダーされると良いですよと教えてもらったので、その辺りアレンジしながらちょこちょこお願いしました。

それにしてもメニューの品数がすごい!
仕込みを含め、すべてご主人おひとりでこの品数をこなされてるかと思うと、ますますすごい感アップです。


まずは「早くでる肴」の欄に書いてあった「醤油だれのポテトサラダ」。
日本人が大好きな「卵黄+おしょうゆ」の組み合わせをポテトサラダに応用してしまうセンスがすばらしい。


きっちりと塩がきかせてある「手羽先一夜干し唐揚げ」はビールにぴったり。
 

日本酒の充実度にもびっくり

まだまだ日本酒ビギナーの私にとっては知らない銘柄もたくさんラインアップされて、そのセレクションにご主人のこだわりがうかがえます。


ちょうどこの辺りでビールが終わったので、日本酒にシフトです。


まずは名前が気になっていた大分の「裏ちえびじん」。
2月限定で、日本酒度も酸度もその味わいも非公開のこちらのお酒。
飲み手に先入観を与えず、毎年変化する、(ちえびじんの)裏バージョンなんだそうです。
生なので微発泡で、香りも高い。
私は辛口派なのですが、十分に楽しめました。


本日のおばんざい盛り合わせがやってきました。
このボリュームで680円!
お出汁がきいたおひたしや彩り炊き、 さつま鶏のおかき揚げ、日本酒にぴったりの白和えも。
それぞれが良い塩梅で、一品ずつの盛りも多く、食べ応えがあります。


次は島根の「超王祿」です。
深いあじわいの中にキレがあり、やっぱり私は辛口好きだと再確認させてくれます。


鰆の塩たたきはおろしでいただきます。
皮めを炙ることで鰆の旨みがぐっと引き出され、お酒がすすみます。


主人リクエストの「雲仙ハムカツ」はすごいボリュームです。


揚げ物には超辛口でいってみよう!ということで、岐阜の「房島屋」をオーダー。
「おっ!」と声をあげてしまうぐらいキレキレですが、キレの中にコクと旨みもありで、これまたついついすすんでしまいます。

食堂 ニコラ
〒814-0002
福岡県福岡市早良区西新5-15-34
TEL: 092-834-2998
アクセス: 福岡市地下鉄空港線 西新駅 2番出口 徒歩5分
営業時間: 18:00~24:00
定休日: 日曜日
URL: https://www.facebook.com/shokudonicoraa/

食堂ニコラさんの前を通ると「東京にて研修の為、お休みさせていただきます」という貼り紙をたまに見かけていて、ご主人は勉強熱心な方なんだなぁと思っていました。

実際にお店に伺って、なるほど納得。
こだわりの日本酒とその日本酒にぴったりのお料理。

これからまだまだ食堂ニコラさんは進化されそうです。
また息子がお泊りの時に、大人だけで張り切って伺いたいと思います。
地域レポーター
foodstylist hanaco(稲井華子)さん
フードスタイリストとしてメニュー開発、フードライター、料理講師など幅広く活動しています。食関係の通訳、翻訳、英語講師と英語のお仕事も少々。のほほんな1児の母です。

情報は2019年12月21日時点