【西中洲】須崎のあの味が楽しめる!~星期菜 NOODLE&CHINOIS(セイケイツァイヌードルアンドシノワ)さん~

福岡在住の中華好きさんで「星期菜」を知らない方はいないと思います。

実は実家が須崎の星期菜さんのすぐ近くで、オープン当初から、帰省するたびにお邪魔していました。
「夜の予約が取りにくくなったな…」と思っていたら、あっという間に福岡・佐賀版のミシュランガイド(2014年版)に掲載され、いまや福岡市内に3店舗を構える人気店に。

「せっかくだから本店以外も行ってみよう!」ということで、水上公園の「星期菜 NOODLE&CHINOIS」さんに家族でディナーへ行ってきました。



今回は「星期菜」の名物メニューをコースにしたWAN CHAI(ワンチャイ)という全7品、5,000円のコースをオーダー。
早速お料理スタートです。
 

女子は大好き!ヌーベルシノワスタイル


アミューズはサーモンの白菜巻きで、いくらとくらげが添えてあります。
イクラとくらげのプチプチ食感とサーモンのソフトな食感の対比が楽しい一品。


前菜は鶏むね肉の蒸し物、ねぎソース和えにスモークされたホタルイカが。
ホタルイカの燻製は初めて食べましたが、香りはもちろん、旨みもぎゅっと濃縮されて、いつものホタルイカとは違った味わいが楽しめます。



かに味噌入りふかひれスープはまさしく「星期菜」の看板メニュー。
濃厚なかに味噌とたっぷりのふかひれが楽しめる贅沢な一品です。


本日の点心盛り合わせは手前から時計回りに、チャーシュー饅頭、しいたけと豚肉のえびシュウマイ、えびの翡翠蒸しぎょうざです。
飲茶好きにはたまらないラインアップ。


メインはえびマヨネーズ、マンゴーソース添えと、アンコウのガーリックソルト炒めです。
マンゴーソースでいただくえびマヨはなんとも軽やかなあじわい。
アンコウのガーリックソルト炒めはコリアンダーのスパイス香るおいしさです。
 

「星期菜」の看板メニュー2種

最後は「星期菜」のシグニチャーとも言われる看板メニューが続けてやってきます。


「海鮮入り白い麻婆豆腐」は白いのに辛い!
ホタテにえびにいか、シーフードもたっぷり入ったちょっと珍しい麻婆豆腐です。


「オリジナル坦々麺」は濃厚なスープな特徴。
もっちりとした中華麺にごまの香り豊かなスープが絡みます。


小3息子は別に「白ねぎと自家製チャーシューの細切り入りスープそば」をオーダー。
本店をはじめ、全ての系列店舗でランチに提供されているこちらのメニュー。
変わらない味にホッとします。


一通り食べ終わった後に供される凍頂烏龍茶でリフレッシュ。


デザートはいつものタピオカミルクにいちごがプラスされた、彩り豊かで、風味も豊かな一品。
ゴマだんごもサクサクのおいしさです。


星期菜 NOODLE&CHINOIS(セイケイツァイヌードルアンドシノワ)
住所:〒810-0002
    福岡市中央区西中洲13-1
    水上公園「SHIP'S GARDEN」2F
Tel: 092-721-0888
アクセス: 福岡市営地下中洲川端駅下車、徒歩約3分
営業時間: 11:30 - 23:00(LO22:00)
定休日: 無し
URL: https://seikeitsai.jp/suijokoen/

ランチには本店同様にお得なランチセット、ティータイムには「香港ハイティー」もいただけるとのこと。
次回はのんびりとハイティーを楽しみに伺いたいと思います。
地域レポーター
foodstylist hanaco(稲井華子)さん
フードスタイリストとしてメニュー開発、フードライター、料理講師など幅広く活動しています。食関係の通訳、翻訳、英語講師と英語のお仕事も少々。のほほんな1児の母です。

情報は2019年3月22日時点