【早良区】「ジブリの大博覧会」福岡会場に行ってきました!

福岡市博物館で開催中のみんな大好き「ジブリの大博覧会」に行ってきました!
なんと福岡では初開催。ジブリの30年がギュッと詰まった会場の様子、レポートしたいと思います。

注目すべきは、圧倒的な資料数の展示

今回は、「風の谷のナウシカ」から最新作「思い出のマーニー」までスタジオジブリ30年を振り返る特別企画。
目立ったのが、ポスターやチラシ等の広告宣伝物、制作資料、企画書などの未公開分も含む紙資料の数々です。

あの頃、何度も目にしたポスターも

壁一面に貼られているポスタールームが、2つ。
ジブリは、まず初めに顧客に伝える情報という面で、映画宣伝の基本要素が詰まったポスター制作を大事にしているそうです。
同じポスターなのに、子供の頃と今では、全く感じ方が違うって新鮮!
「火垂るの墓」のポスターは、もう見るだけでグッときました。

貴重すぎる糸井重里氏と鈴木敏夫プロデューサーとの書簡

キャッチコピーを決めるまでの当時のやり取りについての展示もあります。
お二人のお人柄、信頼関係が伝わってくる直筆の書簡。
宮崎駿監督のキャッチコピーに対しての反応の記載もあり、その場の様子が目に浮かんできます。
ジブリのキャッチコピーが生まれてくる過程を資料を通して知ることが出来るなんて感激です!

ジブリの倉庫

「崖の上のポニョ」がお出迎えしてくれるジブリの倉庫。
こちらは、非売品から販売しているグッズまで、一堂に展示されています。
小さなお子様が、歓声を上げて、ポニョに走り寄る光景を何度か見ました(笑)
大人も子供も、このコレクションを目の前にテンション上がります!

あのネコバスに会える

テンションが上がったまま、「となりのトトロ」のネコバスへ。
なんと、ネコバスの行先は、「ふくおか」。
(ファンなら、映画のシーンを思い出してしまう「か」の横向きの表記。)
子供の頃、夢にまで見たネコバスとの対面が、大人になって叶うなんて!

空とぶ機械たち

ジブリって、空に関係した作品が多いんです。
「紅の豚」「風立ちぬ」などの空飛ぶ機械を展示。
また、福岡市博物館の正面玄関から入ってすぐのグランドホールに、「天空の城ラピュタ」の上下に動く巨大飛行船の模型展示もあり。圧巻です!

目玉展示の王蟲の世界

薄暗い最後のコーナーには、「風の谷のナウシカ」に出てきた王蟲がお待ちかね。
                           ©1984 Studio Ghibli・H
とにかく巨大!横に立てば、ナウシカになった気分が味わえます。
ああ。人の住めない森に迷い込んでしまいました。。

ジブリの30年分の魅力たっぷり

大量のポスターや紙資料の展示に加え、どっぷりジブリの世界に浸かれる「ネコバス」や「王蟲」の展示との融合、お見事でした!
ジブリファンならずとも、たまらないイベント。
                                ©Studio Ghibli
勿論、ジブリショップも、グッズが充実していましたよ。
ジブリの30年の本気を、是非、会場でご覧ください!
 (※写真は許可を得て撮影しています)

 【インフォメーション】
FBS開局50周年記念
ジブリの大博覧会 ~ナウシカからマーニーまで~

開催中~6/23【日】
福岡市博物館
福岡市早良区百道浜3-1-1
TEL 092-845-5011
9:30~17:30 (最終入館17:00迄)
※休館日:月曜日 (ただし、4/29【月・祝】、5/6【月】は開館。5/7【火】は休館。)
♦観覧料
一般・大学生 1400円 (1200円)
中学・高校生 1000円   (800円)
4歳~ 小学生   600円   (400円)
※ (  ) 内は有料観覧者(4歳以上)20人以上の団体、満65歳以上(年齢確認のため健康保険証や運転免許証等の提示者)、外国の方(パスポート、在留カードなど国籍を証明できるものを提示)は前売料金にて購入可能。※身体障害者手帳、療育手帳、精神障害者保健福祉手帳の提示者と介護者1名、特定疾患医療受給者証、特定医療費(指定難病)受給者証、先天性血液凝固因子障害等医療受給者証、小児慢性特定疾病医療受給者証の提示者は無料。
お問い合わせ
福岡市中央区清川2丁目22番8号 (FBS福岡放送内)
TEL:092-532-1111【平日9:30~17:00】





 
地域レポーター KYOKOさん
グルメ/旅/神社が大好きなB型双子座。ワクワクを見つけるのが大得意。おいしいものや、注目または穴場スポットご紹介します!6種の仕事を持つ2児の母。