【うきは】本屋の灯りとコーヒーのかおり 「MINOU BOOKS&CAFE」

菜の花の黄色に桜の花びらが舞う時期に伺ったのは
うきは市にある「MINOU BOOKS&CAFE」さん
お店の近くに公営駐車場もあり、とても立ち寄りやすい場所にあります
こちらは本屋さんにカフェが併設されたすっきりとした佇まいのお店です

「落ち着いた店内と音楽」

通りに面した窓側の本棚はバランス良く設置されている為
外の明るさや景色を感じながら本を選ぶことが出来て、とても新鮮でした
絵本などは低く設置されており、お子さんが自分で選べる高さ
自ら選んだ本を抱える姿はどこか誇らしげで微笑ましいです

「書籍の入れ替えと選書が魅力」

こちらのお店の魅力は定期的に店内の書籍の入れ替えをされるところにあります
厳選された本の数々
世の中にはこんな本があるんだ!という驚きと
本を開く行為は新しい世界のドアを開くような喜びと発見があります
本棚にはテーマがあるようで、年末に伺った時は「旅」をテーマにしたコーナーから
なかなか見つけることが出来なかった旅行記に出会えることが出来ました
そして今回は「作る・ファッション」のコーナーでいい本に巡り合いました
取り扱っているのは書籍だけではありません
ステーショナリーグッズや読書のお伴、飲み物などの嗜好品も充実しています
雑貨好きの方にもおすすめです

「雰囲気あるカフェスペース」

購入した本を読みながら頂くコーヒーやマフィン・・・
すぐに読みたい派には贅沢なひととき
wi-fiフリーなのもありがたいです

「交流の場としての役割」

カフェコーナーの一角に桜が一枝
一緒に可愛らしい手作りの「おきあげ人形」が飾ってありました
近くの小学生の作品のようでした
店内には近郊の情報なども共有されており、
お客さんもオーナーさんと楽しげにお話されていて
とても居心地のいい空間でした
帰り際に野球少年たちが元気にあいさつをしてくれました
お店も町の雰囲気もとても感じが良かったのが印象的でした
本屋さんの灯りは町の文化の灯りのようにも感じます
また本の入れ替えがある頃にお邪魔したいと思います
本日もお楽しみ日和でした

minoubooksandcafe.com
地域レポーター きのした ひろこさん
日々の暮らしの中にある、ささやかなお楽しみの瞬間をイラストなど取り入れながらお届けしたいと思います