くらし レシピ

いつも微妙に余りがちなアレが、おしゃれに大変身!「餃子の皮、簡単アレンジレシピ・ベスト3」

あえてちょっと余らせたくなる?
簡単アレンジレシピ

餃子(ぎょうざ)を作った時に、余ってしまいがちな餃子の皮。「たったこれだけ余ってもなぁ~」と、頭を悩ませた経験がある方も多いのではないでしょうか。今回はその「ちょっぴり余った餃子の皮」がすてきに変身するレシピを3つ、紹介します。

まずは、餃子の皮で作った「餃子カップ」。シリコン素材の弁当用カップ2つを使ってパリパリ食感のカップを作ります。好みの食材をのせれば、あっという間におしゃれなフィンガーフードの完成です。

次は、驚くかもしれませんがデザートだってできちゃいます。皮がクレープ生地に大変身。味が付いていないのでさっぱり&モチモチ。アイスと合わせてもおいしいです!

最後はおつまみです。少量の油でカリッと揚げ焼きすれば、お父さんも大喜びの枝豆スティックのできあがり!

シリコンカップ2枚の間に餃子の皮を挟んで、600Wの電子レンジで30秒ほど加熱すると、パリパリの餃子カップが完成!
ゆでた皮5~6枚を端が少しずつ重なるように並べ、クレープ生地のような大きさにします。アイスやバナナを巻き、チョコレートシロップをかけます
皮を半分にカットし、枝豆をのせて巻き込みます。火の通りが早いので、フライパンで揚げ焼きにしてもOK!
佐々木なほさん
インテリアやおうちごはん等のブログ「WITH LATTICE」主宰のブロガー。
http://n-lattice.blog.jp/