グルメ&レシピ レシピいろいろ

農家直伝!子どもも喜ぶ栄養たっぷりの簡単メニュー「かつお菜チヂミ」

福岡県には魅力的な食材がいっぱい。
月1回、それらの基礎知識やおいしい調理法をプロが提案!

今回の食材
かつお菜

雑煮はもちろん、いろいろな料理に展開できる万能野菜

JA北九かつお菜出荷組合
(北九州市)
前田博志さん

ちぢれた葉が特徴的で、福岡では雑煮に入れる葉物野菜として知られている「かつお菜」。11月中旬から3月まで出荷され、12月からが最盛期。ベータカロテン、ビタミンC、カルシウムを多く含んだ栄養豊富な緑黄色野菜です。

名前の由来“かつお”に代表される、うま味成分のグルタミン酸やアスパラギン酸などのアミノ酸も含んでいるので、うま味が感じられます。アクや辛みも少なく、品種改良されて、昔より甘みが増しています。白菜やキャベツなどの代わりにも利用できます。

「ちぢれた葉はもちろん、茎のシャキシャキした食感もいいですよ。雑煮のほか、おひたしやすき焼きに入れてもおいしいです。チヂミはうちの子どもも大好物です」と前田さん。

農家直伝! 子どもも喜ぶ栄養たっぷりの簡単メニュー
かつお菜チヂミ

【材 料】(2人~3人分)

  • かつお菜…300g(1袋程度)
  • サラダ油(またはごま油)…適量
  • ポン酢(またはコチュジャン)…適量
  • [A]=小麦粉…140g、片栗粉…小さじ1杯、塩…少々、水…180ml

【作り方】

  1. [A]を混ぜておく
  2. かつお菜は、葉と茎を分け、ざく切りにして、1に入れて一緒に混ぜ、冷蔵庫で3時間以上寝かせておく
    ※市販の「チヂミ専用粉」を使えば、すぐに焼ける
  3. サラダ油を多めにひいたフライパンを中火にかけ、2を適量流し入れて、火が通ったらひっくり返し、押しつけながら焼く
    ごま油を使うと香ばしさアップ
  4. 焼きあがった3に、ポン酢(またはコチュジャン)をかけて食べる

調理のポイント

作り方は簡単ですが、かつお菜は、葉と茎の部分を分けて、ざく切りにすると、火の通りにばらつきがなくなります。
レシピ
JA北九東部地区野菜部会
かつお菜出荷組合

北九州市小倉南区でかつお菜を生産している農家の皆さん。「自信と愛情を持ってかつお菜を育てています」