くらし レシピ

暑い夏は火を使わない料理に注目。煮ない!焼かない!アツくない!簡単夏レシピ

夏のキッチンは暑い!できるだけ火を使う料理はしたくないですよね。今回は、火を使わず、ボリュームも栄養面も満足のレシピを、「ローフードマイスター北九州小倉南校」主宰の篠原さやかさんに教えてもらいました。

野菜がたっぷり取れて、夏バテ予防にもぴったり

非加熱なので、生きたビタミン・ミネラル・酵素を効率よく摂取できるのが魅力の“ローフード”。火を使わないので、夏休みに子どもと一緒に作るのもいいですね。私も今妊婦なのですが、コンロの前に来るおなかが熱くなることもないので、妊婦にお薦めかも(笑)。夏バテ予防にもぴったり。

「ローフードマイスター北九州小倉南校」
主宰・篠原さやかさん
http://ameblo.jp/sayapooo/

たっぷり野菜がとれる!
ズッキーニのアボカドクリームパスタ風

材料(2人分)

《麺》
ズッキーニ1本
※麺の歯応えが気になる人は、塩を振ってしんなりさせておくとよいですよ
《ソース・飾り付け》
A(熟したアボカド1個、水50ml、塩少々)、シソの葉・アルファルファ(カイワレなどでもOK)・ミニトマトなど各適量

作り方

  1. ズッキーニを菜麺器(あれば)やスライサーで麺状にする
  2. Aをミキサーでなめらかに撹拌(かくはん)し、アボカドクリームを作る(フォークでつぶしてもOK)。ボウルに移して1とあえる
  3. 2を器に盛り、シソの葉、アルファルファ、ミニトマトなどで彩りよく飾り付ける

◆アボカドってどんな食べ物?

ビタミンEが豊富で、“森のバター”といわれるアボカド。コエンザイムQ10なども多く含むことから、“食べる美容液”とも呼ばれています。 
 

◆麺をニンジンに替えて…

ズッキーニをニンジンに替えてもgood。甘く、シャキシャキしているので、より満腹感が得られるかも。歯応えが気になる人は、塩もみするとしんなりしますよ。

◆アボカドをつぶさず、切ってあえるだけ

ひと口大に切ったアボカドとトマトを塩であえてズッキーニの麺にのせ、シソをトッピング。つぶす手間がないので、より簡単!

>次のページでは「スペインの冷製スープ」ほかを紹介