くらし レシピ

糖尿病でも大丈夫!技ありレシピ / 2ページ目

作り置きにも便利な副菜、メインが控えめというときにさっと作れて満足感ある一品、おもてなしにもいい、ごちそう感たっぷりのスープを紹介します。
※食事指導を受けている人、病気治療中の人は、主治医や管理栄養士の指示に従ってください
にんじんシリシリツナ入り
「βカロテンを効率よく吸収するために油を使います。水煮ツナ缶とごま油でエネルギーを抑えて風味はアップ」

材料/2人分

ニンジン … 1本
水煮ツナ缶 … 1缶
ごま油 … 小さじ1
めんつゆ … 大さじ1
卵 … 1個

作り方

  1. ニンジンを千切りにする(スライサーでも可)
  2. フライパンにごま油を熱し、ニンジンを炒める
  3. 火が通ったら、水分を切ったツナ缶とめんつゆを加える
  4. 溶き卵を入れて、炒め合わせる
とろり温かいかぶスープ
「じっくり煮込んだカブをミキサーにかけてスープに。他にない味と舌触りです」

材料/2人分

カブ(皮をむいて)… 120g
長ネギ … 20g
塩 … ひとつまみ(0.2g)
バター … 小さじ2/3(3g弱)
チキンコンソメ … 2g
水 … 120~150cc
生シイタケ(1/4に切る) … 1枚
ベーコン(1cm×3cm) … 4枚(4g)
粗びきこしょう … 好みで

作り方

  1. カブをいちょう切り、長ネギはみじん切りに
  2. 鍋にバターを入れ、長ネギを弱火でじっくり炒める(こげそうなら塩・水を足す ※分量外)
  3. 2にカブを入れて軽く炒め、水とコンソメを加えてふたをし、カブがとろけるまで弱火でじっくり煮る(約20分)
  4. 3の粗熱を取り、ミキサーにかけ、味を見て塩・こしょうで調味する
  5. 生シイタケとベーコンをオーブントースターで焼き、スープに浮かべる(とろみがあれば浮く)。粗びきこしょうを振る
生揚げのイソチオシアネートみぞれがけ
「栄養は効率よく摂取したいもの。大根に含まれるイソチオシアネートは熱に弱いので、十分に冷めてから入れるのがポイント」

材料/4人分

生揚げ … 4個
大根 … 200g
だし汁 … 150cc
みりん … 大さじ1
しょうゆ … 大さじ1
片栗粉 … 適量(4.5g)
ネギ … 少々
ノリ … 少々

作り方

  1. 鍋にだし汁を入れて加熱する
  2. 煮立ったら、みりん、しょうゆ、生揚げを入れ、途中で裏表を返しながら煮る
  3. 約5分煮たら火を止め、水溶き片栗粉を回し入れ、再度火にかけてとろみがついたら火を止める
  4. 大根をおろす
  5. 3が人肌くらいに冷めたら、大根おろしを加え混ぜ、好みでネギとノリをのせる