くらし レシピ

親子で簡単♪ チョコレシピ&ラッピング

今年のバレンタインデーは、手づくりチョコレートを大切な人にプレゼントしませんか。今回は、親子で楽しみながら作ることができる簡単チョコレシピと、かわいいラッピングを紹介します。ぜひ、挑戦してみて!

扱い方が難しそうなイメージのチョコレートですが、意外と細かいことを気にしなくても作ることができますよ。
電子レンジでもOK
チョコレートといえば“テンパリング”。湯が沸騰した鍋をぬれ布巾の上に置き、チョコレート入りのボウルの底を浸けて溶かします。湯せんではなく、電子レンジを活用してもOK。加熱時間は様子を見ながら調整を。チョコレートが溶けたら水を張ったボウルで容器の底を冷やし、下の方が少し固まってきたら再度同様に溶かします。冷やす際、水が入らないよう注意!
チョコチップが便利
“テンパリング”の際にチョコチップを使用すれば、刻まなくてよいので便利。また、バターは油(オリーブ油とサラダ油を5:5で混ぜたもの)でも代用できます。トッピングのナッツは、塩気があるつまみ用がお薦め。“塩チョコ風”に仕上がりますよ。
教えてくれたのは
La Casa di Emmy(ラ・カーサ・ディ・エミー)
オーナー 藤川 笑子さん

南イタリア・プーリアの家庭料理を地元食材で提供。2/3(日)に子ども向けチョコ教室を開催。
詳細は問い合わせを。
 
小倉北区古船場町2-28
TEL 080-4280-0930
[営]8:00~19:00(水曜は17:00~19:00)
[休]日・祝日
 混ぜて焼くだけ、超簡単!
トッピングに思いを込めて~
チョコレートマフィン
 材料 (6個分)
◆本体
● 卵………1個
● 砂糖……70g
● バター…60g
(もしくは、5:5でオリーブ油+サラダ油)
● 牛乳……55cc
● 薄力粉…90g
● ベーキングパウダー…1g
● 純ココア…10g

◆トッピング
● ナッツ、ドライフルーツ、チョコチップ、クッキーなど

 作り方 

  1. 卵をボウルに割って混ぜる
  2. 1に砂糖、バター、牛乳、薄力粉、ベーキングパウダー、純ココアを順番に入れ、その都度ダマにならないよう、しっかり混ぜる
  3. マフィン型に紙製の弁当用カップを敷き、8分目まで2を注いで好きなトッピングをのせる(ドライフルーツは焦げるので、焼き上がった後にのせること)
  4. 170℃のオーブンで30分焼く
マフィン型に敷く紙は、アルミカップの間に挟まっている白くて薄い紙がぴったり

丸でも四角でもかわいい!
デコレーションチョコレート
 材料 (アルミカップ約10個・小バット1枚分)
 ◆本体
● 板チョコレート……3枚(150g、チョコチップでも可)
※アルミカップかバットを用意
◆トッピング
● ナッツ、ドライフルーツ、マシュマロ、クッキーなど

 作り方 

  1. 板チョコレートを削り、湯せんにかけて溶かす
  2. ボウルに冷たい水を用意し、1を冷やす
  3. 2の底が少し固まったら、再度湯せんで溶かす
  4. 3をアルミカップかバットに流し、好きなトッピングでデコレーションして、冷蔵庫で固まるまで冷やす
アルミカップに流して丸くしてもいいし、バットで作って四角に切っても◎

生チョコの中のジャムがgood
生チョコタルト

 材料 (直径約5㎝/約5個分)
◆生チョコ
● [A](板チョコレート約2/3枚/100g、バター75g、生クリーム50g)
◆タルト記事
● 薄力粉……110g
● バター(もしくは、5:5でオリーブ油+サラダ油)… 75g
● 牛乳………40g
● 砂糖………10g
◆トッピング
● 純ココア......適量
● ジャム.........適量

 作り方 

  1. タルト生地の全材料を混ぜてこね、約1時間寝かせる
  2. 1をタルト型にのばし、170℃のオーブンで10~15分焼く
  3. [A]をボウルに入れて湯せんにかけ、溶かして混ぜる
  4. 冷ました2の各底にジャムをぬり、上から3を流し込んで冷蔵庫で固まるまで冷やす。茶こしに純ココアを入れ、上にふる
ジャムはベリー系でも、かんきつ系でも何でも合うので、冷蔵庫にあるものを

次は、ラッピングでさらにグレードアップ!