くらし レシピ

ママのために、パパと子どもが一緒に作る簡単レシピ

家の中で料理を作る役割、たまには交代しませんか。普段料理をしない人と子どもが一緒に作れる簡単メニューを、“パパ管理栄養士”井本太さんに聞きました。
主婦休みの日とは?
リビング新聞では、「365日休みがない主婦がリフレッシュできる日を」と、1月25日・5月25日・9月25日を「主婦休みの日」として日本記念日協会に登録。「主婦」とは、普段から家事を主にしている人をいい、「主夫」も含みます。http://r.living.jp/shufuyasumi
 材料(4人分) 
  • 米 …2合
  • アサリ …200g
  • 水 …600ml
  • ブイヨン …4g
  • イカ …120g
  • エビ …4匹
  • タマネギ …小1個
  • パプリカ(赤)…1/2個
  • スナップエンドウ…4本
  • レモン…1/4個
  • オリーブ油…10g
  • おろしニンニク…小さじ1/2
  • カレー粉…小さじ2
  • 塩…少々 
調理前の下準備
  1. アサリは砂抜きを。水500ml、塩大さじ1を混ぜた塩水にアサリが浸かるまで入れ、新聞紙をかぶせて冷暗所に3時間ほど置く。流水で殻同士をこすってよく洗う
  2. エビは背わた取りを。身の真ん中の節の間に竹串を刺して、竹串で引っ張り出す
  3. タマネギをみじん切りに、パプリカは長めの細切りに、レモンは輪切りにしておく
  4. スナップエンドウはスジを取り、ゆでておく
 作り方 
  1. 小鍋に分量の水を入れ、沸騰したらアサリを入れてふたをして煮る
  2. アサリの口が開いたら取り出し、煮汁にブイヨンを入れ溶かしておく
  3. フライパンにオリーブ油をひき、おろしにんにくとタマネギを炒める(弱火)
  4. タマネギに火が通ったら、米を入れて炒める(弱火)
  5. 米に透明感が出るまで炒め、②とカレー粉・塩を加え、混ぜ合わせる
  6. ⑤に、アサリ・イカ・エビ・パプリカをのせ、ふたをして20分蒸し煮にする(弱火)
  7. 20分後、火を止めて 10分蒸らす
  8. スナップエンドウ・レモンを盛り付けて完成

 材料(4人分) 
  • 新ジャガ …中2個
  • タマネギ …小1/2個
  • 無塩バター …10g
  • コンソメ …6g 
  • 牛乳 …180ml 
  • 生クリーム …10ml
  • 水 …360ml
  • 青のり …少々
     
 作り方 
  1. 新ジャガはサイコロ状に切り、水(分量外)につけておく
  2. タマネギは新ジャガと同じ大きさに切っておく 
  3. 鍋にバターを入れ、タマネギを炒める(弱火) 
  4. タマネギに火が通ったら、新ジャガを入れて炒める(弱火)
  5. 火が通ったら、水・コンソメを入れて10分程度煮る(弱火) 
  6. 新ジャガがやわらかくなったら、牛乳を入れて2分煮る
  7. 生クリームを入れて火を止める
  8. 器に入れて青のりをのせて完成

 

 材料(4人分) 
  • イチゴ …100g
  • ミカン(缶詰)…80g
  • オレンジジュース(炭酸)…400ml 
  • ゼラチン …10g
  • お湯(80℃以上)…50ml 
 作り方 
  1. イチゴは食べやすい大きさに切る
  2. グラスにイチゴとミカンを盛り付けておく
  3. ゼラチンをお湯でよく溶かし、オレンジジュースをやさしく注ぎ入れて、軽く混ぜる
  4. ②に③を流し入れる
  5. 粗熱をとった後、冷蔵庫で冷やし固める
  6. 2時間程度冷やせば完成
 材料(4人分) 
  • レタス …100g
  • ブロッコリー …80g
  • プチトマト …4個
  • ハム …40g
  • コーン缶 …40g
  • ドレッシング(好みで)…大さじ4

今回の調理で、特に気を付けたいポイントを紹介します。

一回の食事を作る際に、意識したほうがいいことは?

よくバランスの取れた食事と言いますが、1食に主食(ご飯)、主菜(肉や魚)、副菜(野菜)と果物・乳製品などが揃えば、理想的な献立です。
また、塩分の取りすぎにも気を付けましょう。特に私たち日本人は和食・保存の文化により、塩分摂取が多くなりがち。出汁のうま味や酸味などを利用して減塩も意識しましょう。

子どもとの料理、何に気を付ける?

子どもは何でも“やってみたい”精神なので、まずははっきりと役割分担を。 今回なら、デザートはお姉ちゃん、エビの背わた取りはパパとお兄ちゃん、切るのはパパ、盛り付けはみんなで、などと担当を決めて。そのことで、達成感と責任感が生まれます。

さらに食べる時にも食卓でさまざまな会話が生まれ、子どもの自信になります。 楽しく料理して興味を持ってもらいましょう。

今の時期に摂取したい栄養は?

春になり、新しい環境での生活がスタートして約1カ月。 変化に対応しようと、体が感じるストレスも増えています。 ストレスを軽減する栄養素、ビタミンCを意識して取りましょう。

今回使うパプリカや新ジャガにも豊富に含まれていますが、 特にジャガイモのビタミンCは加熱しても壊れにくい性質。旬でもあるのでぜひ。 

また、ビタミンCは鉄分の吸収アップに関係しています。アサリは鉄分たっぷりで、パプリカなどと一緒に取ると吸収率が上がります。 ぜひ、積極的に取りましょう。 

普段料理をしないパパにアドバイスを

作る料理は何でもいいです! 食べる人のことを思って作ることが、一番の〝おいしさ〟につながります。

まず実践できることは、スーパーへ家族で行ってみること。特に子どもたちと一緒に行くと、いろんなものに興味津々。会話の中で食材について学び、料理にも興味を持てるかもしれませんよ。

 教えてくれたのは 
井本太さん

製鉄記念八幡病院の管理栄養士。普段は「減塩」を意識したレシピを提供。小学生2人、保育園児1人のパパとして、日々のお弁当作りも担当。