ワインのおともにも! 話題のバスク風? 「レーズンチーズケーキ」

今流行りのスイーツといえば「タピオカドリンク」…これは恥を忍んで(笑)1時間行列に並ばせていただきました。
そして「バスクチーズケーキ」コンビニやケーキ屋さんでも買うことが出来るようですが…
これはお家でも簡単に出来ちゃうかも…「バスクチーズケーキ風」ということで。
【材料】(15cm丸型)
 ・クリームチーズ 100g
 ・生クリーム 100ml
 ・砂糖 40g
 ・卵 1個
 ・薄力粉 大さじ1
 ・レーズン ひとつかみ(お好きなだけ)
【作り方】
 ➀レーズン以外の材料を泡立て器やフードプロセッサー、ブレンダーなどで滑らかに混ぜる
 ➁①にレーズンをざっくり加える
 ➂型にオーブンシートをクシャッとさせて敷き、生地を流し入れ、210℃に余熱したオーブンで30~40分焼く
 ➃表面が焦げるくらい焼けたらOK! 粗熱が取れたら冷蔵庫で冷やす

「バスクチーズケーキ」って何?って思いますよね?
バスク地方のバルで人気のチーズケーキのことで、特徴は焦げ焦げに焦がすこと。
私、思い切りが足りてません、もう少しガツンと焦がすべきだな。
しっかり焦がし抜いた方、失敗したと思われないように↑バスクチーズケーキはこういうものと、周りの人にご説明をお願いいたします(笑)(@_@)
地域レポーター あっ君ママ♪​さん
「なんでもやってみよ~!」をモットーに日々チャレンジ!
マラソン・ZUMBA!お菓子・パン作り!そしてちょい旅が大好き。
老体にムチ打ちフィットネスインストラクターをしております(笑)
どうぞよろしくお願いします~♥