くらし さとこさんのやまもも日記

ゴマのいい香り!

「さとこの日記広場」では毎回夕ご飯をみんなで作ります。冬の定番は「冬野菜の幸せスープ」です。ニンジン・玉ネギ以外にレンコン、白菜、カボチャ、冬ガン、ブロッコリーの茎も切って豚肉と煮ます。

味付けはバター20g、塩・砂糖各小さじ2、酢大さじ2です。豚肉には前もって塩こうじをまぶしておくので塩の量は少なめです。鶏ハムサラダも定番メニューですから、鶏ハムのゆで汁もスープに入れます。これで15人分くらいでしょうか。

そしてこんにゃくも入れます。こんにゃくは短冊にし、真ん中に切れ込みを入れくるりとくぐらせて手綱にします。「どうしたらこうなるのかしら?」と見本の手綱こんにゃくを見せ、短冊を渡すと、ああかこうかとやってみて成功したときの笑顔! それで毎回の手綱作りは人気です。

見本をじっくり見て、作り方を研究。 成功したら、思わず笑顔がこぼれますもう1つの定番は青菜のゴマあえです。すり鉢とすりこぎとゴマ大さじ2をお盆に用意しておけば、子どもたちがゴマすりを始めます。すり始めるといい香りが広がり幸せな気分です。幼い子は「僕がする!」「私!」と譲りませんからすり鉢を2つ用意しましたが、今はすり鉢を支える子、すりこぎでする子とかわりばんこにやっています。人気のゴマすりは、みんなでかわりばんこに手がなくて私がすった時は、まだまだと不合格でした。ゴマの色が変わってねっとりするまでしないとおいしくないと分かっているのです。ホウレン草が手に入らないときは、ベランダで育った葉大根を湯がきました。「日記広場ではなく料理広場ね」とNさんは言います。

みんなでお料理してみんなで食べるのは大きな幸せです。

自分たちで切った野菜は、格別においしい!

鍬塚聰子(くわつかさとこ)さん
【プロフィル】元中学校教諭。週に1度、子どもたちと一緒に日記を書いたり、料理をしたり、誕生日会を楽しんだりする活動「さとこの日記広場」(http://satokono.littlestar.jp/)を開催。現在、21年目。