おでかけ 特集(おでかけ)

ゴールデンウィークは“SNS日和”! 糸島、柳川のフォトスポットを紹介

旅の思い出を写真でステキに残しませんか。子どもと楽しめる糸島エリア、大人の時間を過ごせる柳川エリアのSNS映えしそうなスポットを、撮影のコツと共に紹介します。

SNS映えする写真の撮り方 6選

きっとSNSに投稿したくなる楽しい写真の撮り方を、人気インスタグラマーとフォトグラファーに聞きました。出かける前にチェック!

1.“空中浮遊”でインパクト大!

SNSで目が留まるにはインパクトが大切! 空中を浮遊しているような写真や、100円ショップで買った風船で空を飛んでいるような写真で話題に。

2.目線を外したり後ろ向きで

風景だけだと単調になってしまう時は、人物を入れると雰囲気のいい写真に。カメラ目線をしなかったり、後ろ向きで写すことでおしゃれな感じを演出。

3.加工が命!アプリを活用

SNS映えの写真は加工が命。アプリを活用しましょう。おすすめは、手軽で使いやすい「Foodie」(無料)。
糸島情報「愛しの糸島ライフ」編集長
本橋へいすけさん

2013年6月、東京から糸島市へ移住。月間12万人に読まれる「愛しの糸島ライフ」やインスタグラムが好評。本業はWebコンサルタント。
http://www.motohashiheisuke.com/

1.情報の足し算・引き算が大事

SNS的に映えるのは、写るものをすっきり絞った写真。まず何を見せたいかポイントを絞り、どうしても空間が空いたときに周辺のものを足して。

2.さまざまな構図で撮る

プロもたくさんの構図で撮影しています。コーヒーの写真なら、角度を真上・斜め・横と変えたり、カップの位置を真ん中・端などにずらしてみて。

3.大きいもの・その場所らしいものを

店内にある大きな置物など、他で見たことのないものもチェック。下から“あおり”で撮るなど、大きさが伝わるとなお良し!
「Piece Photo Design」フォトグラファー
長野由里江さん

出張撮影で大野城市を中心に活動。マタニティー・キッズなどのステキな表情の写真が評判。インスタ用講座も開催。
http://piece-photo.design/