おでかけ 特集(おでかけ)

【冬の旅】日帰り宗像&福津編~世界遺産登録で注目のエリアで観光やグルメを満喫

世界遺産登録で注目される宗像エリア。公共交通機関を駆使して日帰りで行けちゃう宗像の“いいとこどり”なスポットを厳選。シティフレンズの岩室有紀さんが行ってきました。

※バスは本数が少ないので、事前に時刻をチェックするのがおすすめ
#SHRINE
宗像に着いたら世界遺産へお参りを

世界遺産に登録された「宗像大社」。九州本土の辺津宮、大島の中津宮、沖ノ島の沖津宮からなり、辺津宮へは天神から直行バスで行けます。宗像三女神の降臨地と伝えられる辺津宮の「高宮祭場」は木々の間から光が降り注ぎ、神聖なパワーを感じる場所。

辺津宮の神門 全国でも数少ない古代祭場の1つの高宮祭場 中津宮社殿

中津宮のある宗像市大島は、福岡県最大の島。大島は七夕伝説発祥の島とも言われ、福岡から日帰りでも行ける距離です。

※1日往復7便(フェリーまたは高速船)、大人560円/片道
島全体が宗像大社の境内地として厳重な掟が残る神の島・沖ノ島 沖津宮社殿 沖津宮遙拝所

沖津宮のある沖ノ島は、古代から人の立ち入りを拒む禁忌によって守り続ける“神の島”。鏡や勾玉、指輪など、約8万点の貴重な宝物は国宝に指定され、島は「海の正倉院」とも言われます。

宗像大社辺津宮
(住)宗像市田島2331
TEL 0940-62-1311
(交)西鉄バス「むなかた号」で「天神・日銀前」~「宗像大社前」バス57分(土日祝5往復)
#LUNCH
自家製野菜&ハーブのカラフルなタコスでランチ

裏の畑で獲れたばかりの野菜やハーブを使った料理を楽しめる「ラホヤ」。パリっと香ばしく焼いたチキンと8~10種の野菜があふれんばかりの「ハーブチキンタコス」(600円)や、旬の果物のシロップを使ったスパイスジュースが女性に人気。

好みで自家製ハラペーニョやライムをプラスして

青を基調に、ナチュラルな雰囲気の店内。大きな窓から光が差し込み、ゆったりとした時間が過ごせます。ハンドメイドアクセサリーなども販売。

店の裏の畑には、季節ごとにさまざまな種類の野菜やハーブが、農薬不使用で育てられています。ここから収穫したばかりのものが、店で出される料理やハーブティーに使われるそう。

今回、特別にアカメイモの収穫を体験させてもらった岩室さん。「最初はちょっとコツがつかめなかったけど、こんなにたくさんのおいもが獲れました!」とこの笑顔。

ラホヤ
(住)宗像市神湊44-2
TEL 0940-62-2200
(営)11:30~17:00(16:30 OS)
(休)水・木曜
(交)「宗像大社前」~「神湊入口」バス4分、下車後徒歩2分