おでかけ 特集(おでかけ)

鹿児島県「薩摩半島」をぐるっと体験! グルメや魅力ポイントを紹介 / 2ページ目

鹿児島茶の産地ブランド知覧茶の「茶摘み・手もみ体験」

茶畑がひろがる南九州市は、茶生産量全国第一位。その産地で茶摘み体験・手もみ体験をしました。香ばしい茶の香りは旅の気分も癒せます。約2時間後、手作り茶が飲めました。
■南九州市知覧町
指導はお茶の春一番主人山口浩一さん
フリーダイヤル 0120-84-1645

知覧で、おすすめのカフェ!

町中に古民家風な雰囲気のカフェがあります。店名のCochiは東風(こち)が由来。スイーツから洋風コース料理まで、若いオーナーシェフの本格的な手料理が楽しめます。味も素敵でした。
■南九州市知覧町・カフェCochi
TEL 0993-76-8255
[3日目]知覧発。南さつま市~日置市~鹿児島中央駅から新幹線帰福

薩摩半島の西端・野間半島「笠沙町魚市場の朝セリ」

朝9時過ぎ、笠沙町漁協で水揚げされた多様な魚がセリ市にかけられます。大きなカジキマグロから小型のサバ、アジまで魚種が多いのも笠沙町の特長。

漁法も、定置網、曳き網、刺し網。一本釣り、養殖と多様とか。漁協組合長の計らいで特別に見学者向け、箱買い魚のセリ市も開かれました。
■南さつま市笠沙町・魚市場

大浦町の「くじらの眠る丘」展示館

2002年1月22日未明、突如大浦小湊海岸に14頭ものマッコウクジラが集団座礁し、1頭は救出したものの13頭が死亡。
そのうち1頭のみ学術保存され、2013年クジラ達の記憶のための骨格標本とともに展示館が造られた。
■南さつま市大浦町 くじらの眠る丘
大浦町特産品直売所ふるさとくじら館
TEL0993-62-2120

「鹿児島発の新ウイスキーブランド 嘉之助蒸留所」

吹上浜を眼前に望む場所に、鹿児島発のウイスキー蒸留所「嘉之助蒸留所」が誕生しました。プロデュースするのは、地元の焼酎メーカー小正醸造。いまジャパニーズウイスキーが世界に認められる中で、またひとつ楽しみなウイスキーブランドが生まれました。すべてが真新しい佇まいのなか、特にテイスティングBARから眺める海は最高ですよ。
◆工程見学(テイスティング付)1,000円(要予約)
■日置市・嘉之助蒸留所
TEL099-201-7700
お問合せ
■いちき串木野市

観光交流課
TEL 0996-32-3111
http://www.city.ichikikushikino.lg.jp
総合観光案内所
TEL 0996-32-5256
http://ichiki-kushikino.com/
■日置市
商工観光課
TEL 099-248-9409
https://www.city.hioki.kagoshima.jp
■南さつま市
観光交流課
TEL 0993-53-2111
http://www.city.minamisatsuma.lg.jp
■南九州市
商工観光課
TEL 0993-83-2511
http://www.city.minamikyushu.lg.jp
■枕崎市
水産商工課
TEL 0993-72-1111
https://www.city.makurazaki.lg.jp/soshiki/suisan/