くらし 店と文具と犬

若い男の子がレターセットを買う理由とは?

初めまして。

今回からご縁がありましてこのサイトにブログを連載させていただくことになりました、福岡市東区(九州産業大学近く)に店舗を構えている文具店店主のノムラと申します。

お店の名前は「アイデアスイッチ」
まだOPENして2年半の吹けば飛ぶような小さなお店です。

海外や日本の文具・雑貨を取扱う他、手描きの絵を使ったオーダー品を作るサービス、つくることを楽しむワークショップなどを行っています。
http://idea-switch.com/

お店や商品のことはほぼ毎日SNSで発信していますので、こちらのブログでは別の角度でみなさんに楽しんで頂けるお話を少しずつお伝えしていこうと考えています。

お暇な時に読んでいただければ幸いです。


 

「この文具が欲しいのですが」という気持ちの奥

小さなお店ですのでお客様との距離は大型店と違ってずいぶんと近いと思います。
よっぽど混まない限りはお客様にお声かけをするのですが、お店を続けていると「コレが欲しい」という言葉の奥には「こうしたい」けどどうしたらいいんだろう、という別の気持ちがある場合があることに気が付きました。

LINEやSNSで頻繁にコミュニケーションをとるようになった昨今。
開店当初はレターセットはそんなに出ないと思っていました。
ご購入される方は可愛い紙が好きな女性が殆どなんだろうと想定していましたが
意外にも若い男の子がレターセットを求めてご来店されるのです。
 

「手紙を書きたいので何かいいのがありますか?」

きっと何か事情があることは察しがつきます。この時代に手紙で伝えたい。
その真摯な気持ちにとても応援したくなるのです。
申し訳ないのですが、こちらももうワイドショーのインタビュー並みに質問攻めになります。

「女性or男性宛?」「年齢は?」「どんな内容を?」

手紙の内容によってはデザインや柄を間違うとうまく気持ちを伝えられない。
逆効果になってしまう場合だってあります。
本当は筆記用具も合わせた方がいい。
数少ないラインナップではありますがその中から真剣に一緒に選びます。
 

レターセットが欲しい理由とは


ではどんな理由だったのでしょう。

「大好きな彼女にどうしても謝りたいことがある」
「大学に入ってしばらく経って、高校時代の先生に御礼の言葉を伝えたい」
「おばあちゃんはメールが出来ないから元気なことを手紙で伝えたい」
「仕事で上司に迷惑をかけたことに謝罪と御礼の手紙を書きたい」

これは思い出せる一部の話。
理由を聞くとみんな優しいんだなあとジーンとしてしまいます。
もちろん女の子も真剣な気持ちを教えてくれて一緒に選ぶこともあります。
ただし、好きな気持ちを伝える「ラブレター」という目的は一度もなし(笑)


どんなにネット社会になっても大切な気持ちは手紙で伝えたい。
それは若い人の中にもちゃんと残っているのだなと感じます。
そしてまだネットのなかった時代よりも、本当の気持ちを紙にしたためて伝えることはずいぶんとハードルは高いのだろうなと思います。

帰り際に「頑張って書いてね」と伝えると、ニコッと素敵な笑顔で去って行きます。レターセットを買った行動を起こした君の思いはもう半分伝わっているよ。

小さな文具店ならでは背中の押し方です。

ちなみに
「大好きな彼女にどうしても謝りたいことがある」という彼と選んだのは、この「透かし窓レター」という、封筒の一部が透けていて便箋の色や柄が少し見えるシックなレターセット。

ファンシーすぎてもくだけた印象になるし、無地のものだと堅い印象になるし。
自然をモチーフにしたブルーベースのデザインで、きちんとした印象もあると思いオススメしました。

私の為に選んでくれたのかな、そう彼女が思ってくれれば、
より一層、彼の言葉がすっと入っていくのかなと。
仲直り出来たかなあ。
 

 




 

アイデアスイッチ

<所在地>福岡市東区香住ケ丘2−6−12

<営業時間>平日 13:00-20:00/土日祝 11:00-18:00

<定休日>月曜・不定休有り

HP       http://idea-switch.com/
Instagram  https://www.instagram.com/idea_switch/
Facebook      https://www.facebook.com/kasuigaokaideaswitch
Tumblr         http://ideaswitch.tumblr.com/
Twitter    https://twitter.com/ideaswitch