くらし よのなかのしくみ

2017年から専業主婦も加入対象!「確定拠出年金(iDeCo・イデコ)」の知っておきたい変更点

2017年1月からの制度改正で、専業主婦や公務員も加入対象となる「個人型確定拠出年金」。主婦が知っておきたい変更点を聞きました。

2017年から専業主婦も加入対象に!
運用次第で年金額が変わる時代

加入者個人が掛金を運用し、その収益と掛金の合計額を基に将来の年金給付額が決まる「確定拠出年金」。税制メリットを受けながら、運用成績次第で将来の年金額を増やせるので、老後の資産形成の方法として注目されています。

◆制度改正のポイント

確定拠出年金には「企業型」と「個人型」の2種類がありますが、来年1月からの改正で「個人型」の加入範囲が拡大されます。これまで加入対象外だった専業主婦や公務員、企業年金の対象者が、新たに加入できます。

これにより、60歳未満の人はほぼ全員、「個人型」の確定拠出年金に加入できるようになります(企業型対象者は勤務先により加入条件を満たさない場合あり)。
※各区分と各々の拠出限度額は下図参照
個人型確定拠出年金の加入範囲の区分とそれぞれの拠出限度額

◆加入するには?

銀行、生損保や証券会社などの各運営管理機関が、加入や運用、給付の窓口です。国民年金基金連合会のHP(下記参照)から一覧を見られますが、選べるのは1社です。手数料やサービス内容、運用商品の品揃えなどは各機関により異なるので、比較して選びましょう。詳細は下記HPに記載の各機関のコールセンターへ問い合わせを。

◆メリットと注意点は?

「運用益は非課税」というのは、加入者共通のメリットです。また、給付金は年金として受け取るか、一時金としてまとめて受け取るかを選べます。一時金の場合「退職所得控除」の対象ですが、勤め先から受け取る退職金で控除を受けると、給付金での控除は受けられない場合も。その点専業主婦は、控除額全てを給付金に適用できるという利点はあります。

注意点として、60歳から給付金を受け取れるのは10年以上の加入者です。8年以上で61歳、6年以上で62歳…最も遅くて65歳からと受取開始可能年齢が上がるので、始めるタイミングも検討を。

自由に選べる分、目的や現在の資産を把握し、投資知識も磨くようにしましょう。
 

◆今回の回答者
国民年金基金連合会
確定拠出年金部 企画調査課長
今井 広一さん
2018年からの改正では拠出限度額が年単位化し、より運用の融通が利くように。

■制度の詳細は「国民年金基金連合会」
HPから http://npfa.or.jp/401K
問い合わせはHP内の各運営管理機関へ