おでかけ

冬の花火でロマンチックに! 九重“夢”温泉郷の「おもてなし冬花火」

ぐっと冷え込んでくると、温泉が恋しくなってきます。
凍えた体をゆる~っとほどいてくれる、あったかい温泉だけでも嬉しいのに、
さらに花火まで楽しめちゃうイベントが、大分県の九重町で来年開催されます!

開催は2018年2・3月の毎週土曜日。
行く月、逃げ月、去る月、と言われるように、
年が明ければ、あっという間に時間は過ぎてしまいますよ。

一足早く情報をお知らせしますから、
ぜひ、今の内から計画立ててみませんか?

「九重“夢”温泉郷 おもてなし冬花火」

今回、このイベントPRのために
大分県九重町商工観光・自然環境課の井上さんが、来社してくれました!
大分県九重町商工観光・自然環境課の井上さん
「昨年に続いて2回目の開催です。冬花火の醍醐味は、なんといってもその迫力!花火の玉自体はそれほど大きくないのですが、その分近くで見ることができる上、周囲の山々に音が反響するので、体感はかなりの大迫力です」と井上さん。

さらに「冬の空気はとても澄んでいるので、満天の星空もバッチリ。花火と空の星と、両方楽しんでいただけます。昨年ご来場いただいたみなさんからも、好評いただきました」と、冬ならではの醍醐味も教えてくれました。
昨年の様子。手前の影は人影です。これほど近くに見えるんです!
昨年の様子。冬のさえた空気に花火が鮮やかです
おもてなし冬花火は、以下2つの温泉郷で開催。
それぞれの会場ごとに、イベント詳細やおすすめポイントを紹介しています。
ぜひチェックを!

2月は「宝泉温泉郷」

おもてなし冬花火は、時期を分けて開催されます。
まずは2月の宝泉寺温泉郷。花火の詳細は以下の通り。

■日程 2018/2/10(土)、11(日)、17(土)、24(土)
■会場 宝泉寺温泉観光物産館 宝泉寺駅
■花火開始 全日程とも20:00から ※2/10,11はステージイベント開催!
■詳細HP http://housenji-eki.com/
 ※雨天などで日程変更の場合あり

会場の「宝泉寺駅」は、30年以上前に廃線・廃駅となった駅舎を利用した観光物産館。ノスタルジックな雰囲気そのままの駅舎では、農産物や加工品などが販売されています。

中でも注目は、宝泉寺温泉の9つのお宿が毎朝手作りした「宝泉寺駅弁」。地元の食材を使って、お宿ごとに趣向を凝らした弁当が並ぶので、ぜひ食べ比べを。

さらに最近では、全て手作りの「肉まん」も密かな人気。味は2種類。高菜入りの肉まんと、もう一つが「麻婆肉まん」。おとなりの熊本県小国町の老舗豆腐店「岡本とうふ店」のおからを使った一品です。寒い冬は、あったか肉まんをほおばるのも醍醐味ですよね!
ほっかほかの肉まんまた、館内の「鉄道資料室」には、旧国鉄宮原線にまつわる貴重な資料がズラリ。鉄道ファンならずとも感慨深さ満載のたまらないスポットなので、ぜひ立ち寄って。

花火開催日は会場でバザーも開催されるので、こちらも楽しみですね。
 

3月は「筋湯温泉郷」

そして3月は、「筋湯温泉郷」。花火詳細は以下の通り。

■日程 2018/3/3(土)、10(土)、17(土)、24(土)
■会場 筋湯温泉郷公共駐車場付近
■花火開始 全日程とも20:00から
■詳細HP http://www.sujiyu-onsen.com/
 ※雨天などで日程変更の場合あり

なんと嬉しいことに、花火開催日は3つの筋湯共同浴場「うたせ湯」「岩ん湯」「薬師湯」が無料開放(15:00~21:00限定)。温泉にゆったり浸かった後、花火を見るのも一興です。

2メートルの高さから湯が落ちる「うたせ湯」、野趣あふれる露天風呂「岩ん湯」、こだわりの檜づくりの「薬師湯」とそれぞれ趣が異なるので、入り比べるのも楽しそうですね。ちなみに、「岩ん湯」「薬師湯」は日替わりで男女入れ替えなので、注意して。

3月24日(土)は、筋湯夜市も同時開催予定。マルシェ風の夜市では、マーケットブースのほか、宿泊者限定で地酒の試飲でおもてなしもあるそうですよ!

また筋湯温泉に行ったらぜひ試したいグルメが、鶏を一羽丸ごと使った「極楽温鶏(ごくらくおんけい)」。
豪快な「極楽温鶏」。蒸してあるからヘルシー!鶏のおなかに地元の野菜を詰め、「小松地獄」の地下から吹き上がる蒸気で蒸した豪快な料理です。筋湯温泉の各旅館などで食べられるので、気になるお宿に問い合わせてみて。
 

九重森林公園スキー場ではウインタースポーツも!

九重町はウインタースポーツが楽しめるのもポイント! 九重森林公園スキー場では、スキーやスノーボード以外にも、ソリ遊びなどもできるのでファミリーでも大満喫できます。

花火を2月まで待ちきれないという人は、2018年1月2日に同所で開催される「雪上花火ファンタジア」もおすすめですよ。

詳細はこちら http://www.kujyuski.sakura.ne.jp/wps2/


*******

キンと冷え切った空気の中で、夜空にきらめく花火。きっと思い出に残りますね。
山間の温泉郷へ。しっとりと風情ある夜を過ごしに出かけませんか。
 
イベントに関する問い合わせ
九重町観光協会 0973-73-5505