おでかけ

全163店舗が出店!ホークスタウン跡地に「マークイズ(MARK IS)福岡ももち」11月21日(水)オープン!

三菱地所グループは、福岡市で開発中の商業施設「マークイズ福岡ももち」を11月21日にグランドオープン。

「MARK IS」ブランドとして最大規模かつ、天神以西では福岡市内最大規模の商業施設となります。

全163店舗が出店し、そのうち44店舗が県内初出店。
外観完成予想図イメージエントランス周辺完成予想図イメージ館内は、思い思いの時間を心地良く過ごせる憩いの場になるような空間を演出。建物中央部の1 階から4 階まで続く開放的な吹抜空間には、幅約9m、長さ約20mにも及ぶ大階段「OH-KAIDAN(おおかいだん)」が設けられています。
また、館内には、デザインが異なる様々なシーティングスペースも。疲れたら気軽に座れる場所があるって、結構重要ポイントですよね♪
「OH-KAIDAN(おおかいだん)」完成予想イメージ
気になる各フロアの全貌は…

【1階】日常に彩りをプラスするデイリー使いのショップが中心のフロア

49 店舗(物販40店舗うち食物販8店舗、飲食3店舗、サービス6店舗)

「ユニクロ」やスーパーマーケット「ハローデイ」が出店。グロサリー、スイーツ、ギフトなどの多様な食物販ゾーン、ドラッグストアやコスメなどの生活雑貨、イ ンテリア・キッチン雑貨、クリーニングなど、デイリー使いのショップがラインナップ。

【2階】インテリアやセレクトショップなど高感度アイテムが揃うフロア

52 店舗(物販47店舗、飲食3店舗、サービス2店舗)

九州初進出となるカリフォルニア発のコンセプトストア「RHC ロンハーマン(RHC Ron Herman)」や「TSUTAYA BOOKSTORE」を中心にインテリアショップや人気セレクトショップなどが多数出店。

そのほか、約1,500人収容可能なライブホール「Zepp Fukuoka」がオープン。また、1、2階には約1100坪の面積に「ニトリ」が出店する。

【3階】ショッピングから遊び・飲食店など大人から子どもまで楽しめるフロア

49店舗(物販27店舗、飲食19店舗、サービス3店舗)

約550席を設けるフードコート「ももキチ~ももちキッチン~」と、地元有名店からエリア初出店の人気店まで8店舗のレストランがラインナップ。

そのほか、小動物との触れ合いカフェ「Moff animal cafe」や「あそびパークPLUS」など子どもとともに遊べるスペース、「ジーユー(GU)」をはじめとするカジュアルファッション店が並ぶ。
「ももキチ」完成予想イメージ

【4階】エンターテインメントや大型家電など、多世代で楽しめるフロア

13店舗(物販 1 店舗、サービス 12 店舗)

家電量販店「コジマ×ビックカメラ」や4DXを導入したシネマコンプレックス「ユナイテッド・シネマ福岡ももち」、VR体験を提供するアミューズメント施設「namco」などが出店する。
4階レストラン周辺完成予想イメージ
3階と屋上には子ども向けの遊び場「あそびばももち(ASO VIVA MOMOCHI)」 「わいわいひろば(WAIWAI HIROBA)」も! 買い物だけでなく地域のコミュニティの場としても利用できます。
「あそびばももち(ASO VIVA MOMOCHI)」完成予想イメージ
施設へは、歩道橋から本館2階へ直接入館できます。また、隣接する「福岡 ヤフオク!ドーム」まで行き来できる「MARK IS デッキ」も。スムーズに行き来できる導線で、とっても便利!
「MARK IS デッキ」完成予想イメージ
野球を観に行くだけでなく、ショッピングや映画、ライブなど色んな楽しみ方ができるようになりますね。
今からオープンが待ちきれません!

詳細は公式ホームページで
http://www.mec-markis.jp/fukuoka-momochi/