まち 福岡風景/Fukuoka View

[福岡風景/Fukuoka View] #085 福岡桜景2018/Cherry Blossoms in Fukuoka City【15】

1600年(慶長5年)12月、筑前国に入った黒田如水(官兵衛)・黒田長政は、旧藩主小早川隆景・秀秋が居城としてきた名島城を廃城とし、名島から南西に二里(約8km)離れた那珂郡警固村福崎に新たな城を築きます。そしてその地を黒田家先祖ゆかりの備前国福岡(現在の岡山県瀬戸内市長船町福岡)にちなんで福岡と名付け、那珂川を挟んで西の城下町・福岡と東の商都・博多との共存・発展の歴史が始まります。福岡城址は戦後まもなく舞鶴公園として整備され、今では春になると約1000本の桜が艶やかな花を咲かせ、市内県内のみならず、国内外から訪れる多くの人々を魅了しています。

【関連リンク】
舞鶴公園公式HP
福岡市公式シティガイド「よかなび」
西山健太郎
1978年福岡市生まれ。2017年2月、樋口一幸氏(Bar Higuchi店主、ウイスキートーク福岡・実行委員長)とともに非営利団体『福博ツナグ文藝社』を設立。独自の切り口で福岡の飲食文化・芸術文化に関する情報発信を行うかたわら、“福岡の美しい日常風景” をテーマにした写真集【福岡風景/Fukuoka View】をインスタグラムで公開している。
https://www.instagram.com/_fukuoka_writer_/