まち 福岡風景/Fukuoka View

[福岡風景/Fukuoka View] #086 シーサイドももち海浜公園/Seaside Momochi Beach Park

樋井川と室見川に挟まれた百道浜。かつては「百道海岸」と呼ばれ、大正初期から昭和40年代にかけては市内有数の海水浴場として市民に親しまれていました。昭和57年から昭和61年にかけて、樋井川右岸の地行浜を含めた全長約2500mの海岸線に人工砂浜が整備され、「シーサイドももち海浜公園」が誕生しました。夏になると多くの海水浴客でにぎわう浜辺には、毎年端午の節句が近づくと巨大な鯉のぼりが登場し、博多湾を背景に悠然と泳ぐ光景を見ることができます。

【関連リンク】
福岡市海浜公園公式HP
福岡市公式シティガイド「よかなび」
西山健太郎
1978年福岡市生まれ。2017年2月、樋口一幸氏(Bar Higuchi店主、ウイスキートーク福岡・実行委員長)とともに非営利団体『福博ツナグ文藝社』を設立。独自の切り口で福岡の飲食文化・芸術文化に関する情報発信を行うかたわら、“福岡の美しい日常風景” をテーマにした写真集【福岡風景/Fukuoka View】をインスタグラムで公開している。
https://www.instagram.com/_fukuoka_writer_/