まち 福岡風景/Fukuoka View

[福岡風景/Fukuoka View] #105 冷泉公園/Reisen Park

太平洋戦争末期の1945年(昭和20年)6月19日深夜、米軍のB-29爆撃機239機が福岡・博多の市街地を標的とした焼夷弾爆撃を行い、東西は御笠川から樋井川まで、南北は櫛田神社・大濠公園から博多湾までの一帯の建物が焼失しました。この「福岡大空襲」における罹災者数は60,599人、死者数902人、重傷者数586人との記録が残っており、とりわけ被害が激しかったのが奈良屋・冷泉・大浜・大名・簀子の5校区で、死傷者の9割を占めたといわれます。福岡市博多区上川端町にある冷泉公園には1965年(昭和40年)に戦災記念碑が建立され、毎年6月19日午前11時より「福岡市戦災引揚死没者追悼式」が行われています。
西山健太郎
1978年福岡市生まれ。2017年2月、樋口一幸氏(Bar Higuchi店主、ウイスキートーク福岡・実行委員長)とともに非営利団体『福博ツナグ文藝社』を設立。独自の切り口で福岡の飲食文化・芸術文化に関する情報発信を行うかたわら、“福岡の美しい日常風景” をテーマにした写真集【福岡風景/Fukuoka View】をインスタグラムで公開している。
https://www.instagram.com/_fukuoka_writer_/