まち 福岡風景/Fukuoka View

[福岡風景/Fukuoka View] #142 カトリック大名町教会/Catholic Daimyomachi Church

福岡市中央区大名にあるカトリック大名町教会。その起源は1887年(明治20年)まで遡ります。橋口町(現在の天神4丁目、福岡中央郵便局付近)の民家を教会にして宣教が開始され、1896年(明治29年)、現在地に赤レンガ造りの聖堂が完成。同聖堂は1984年(昭和59年)12月に解体され、1986年(昭和61年)3月に久留米市にある聖マリア病院構内の付属聖堂(通称「雪の聖母聖堂」)として復原移築。同年に建設された鉄筋コンクリート造りの大聖堂の脇には、高さ40mの鐘楼が立ち、毎日正午と18時30分になると大中小3つの鐘の音が鳴り響き、祈りのときが訪れたことを町中に告げています。

■関連リンク
カトリック大名町教会公式HP
西山健太郎
1978年福岡市生まれ。2017年2月、樋口一幸氏(Bar Higuchi店主、ウイスキートーク福岡・実行委員長)とともに非営利団体『福博ツナグ文藝社』を設立。独自の切り口で福岡の飲食文化・芸術文化に関する情報発信を行うかたわら、“福岡の美しい日常風景” をテーマにした写真集【福岡風景/Fukuoka View】をインスタグラムで公開している。
https://www.instagram.com/_fukuoka_view_/