まち 福岡風景/Fukuoka View

[福岡風景/Fukuoka View] #146 大楠様/Oogusu-sama

福岡市博多区博多駅前一丁目にある承天寺分境内には、地元で「大楠様」と呼ばれるクスノキの大木があり、鎌倉時代に活躍した貿易商・謝国明の墓がその幹の中に包み込まれていると伝えられています。日宋貿易で財を成した謝国明は、禅宗の高僧・円爾(正一国師)を迎えて承天寺を開山したほか、病気や貧困で苦しむ博多の民衆を救済した人物として知られます。毎年8月21日には、灯篭による献灯によって謝国明の偉功をしのぶ「千灯明祭」が行われ、同人がこの国にもたらしたといわれる蕎麦や蕎麦饅頭が参加者に振舞われています。

■関連リンク
御供所ポータルWebマガジン「御供所.info」
福岡市公式シティガイド・よかなび
西山健太郎
1978年福岡市生まれ。2017年2月、樋口一幸氏(Bar Higuchi店主、ウイスキートーク福岡・実行委員長)とともに非営利団体『福博ツナグ文藝社』を設立。独自の切り口で福岡の飲食文化・芸術文化に関する情報発信を行うかたわら、“福岡の美しい日常風景” をテーマにした写真集【福岡風景/Fukuoka View】をインスタグラムで公開している。
https://www.instagram.com/_fukuoka_view_/