まち 福岡風景/Fukuoka View

[福岡風景/Fukuoka View] #151 日蓮上人銅像/Bronze statue of Nichiren Shonin

東公園の一角にそびえ立つ日蓮上人像は、1892(明治25)年4月に起工、1904(明治37)年に完成し、同年11月8日に除幕式が行われました。フェノロサとともに東京美術学校(現在の東京藝術大学美術学部の前身)の設立準備にあたり、当時の校長だった岡倉天心(1862~1913)が制作の総指揮を執り、原型(木型)制作を同校木彫科初代教授竹内久一(1854~1921)、鋳造を同校鋳金科教授岡崎雪声(1854~1921)が担当、頭部と両手首をのぞく本体部の鋳造は佐賀藩の御用鋳物師であった佐賀市の谷口鉄工所で行われました。その像高は10.6mと、青銅製の仏像としては奈良の大仏(14.87m)、鎌倉の大仏(11.44m)に次ぐ、国内で3番目の大きさを誇ります。

■関連リンク
福岡市の文化財HP
福岡市公式シティガイド・よかなび
西山健太郎
1978年福岡市生まれ。2017年2月、樋口一幸氏(Bar Higuchi店主、ウイスキートーク福岡・実行委員長)とともに非営利団体『福博ツナグ文藝社』を設立。独自の切り口で福岡の飲食文化・芸術文化に関する情報発信を行うかたわら、“福岡の美しい日常風景” をテーマにした写真集【福岡風景/Fukuoka View】をインスタグラムで公開している。
https://www.instagram.com/_fukuoka_view_/