ラファエル前派の軌跡 ターナー、ラスキンからロセッティ、バーン=ジョーンズ、モリスまで

  • 2019年6月20日(木) 〜 2019年9月8日(日)
  • 福岡県久留米市 久留米市美術館
  • アート 展示
フレデリック・レイトン 《母と子(サクランボ)》 1864-65年頃 ブラックバーン美術館蔵 (c)Blackburn Museum and Art Gallery
イギリスの美術評論家ジョン・ラスキンが援護したターナー、ロセッティ、ミレイらを軸に絵画や家具など150点を展示。
19世紀のイギリス芸術にふれませんか。月曜休館(7/15、8/12は開館)。

掲載日 2019年6月27日

日程
2019年6月20日(木) 〜 2019年9月8日(日)
10:00~17:00 ※入館は16:30まで
住所
福岡県久留米市野中町1015
場所
久留米市美術館
料金
一般1000円、65歳以上700円、大学生400円
※高校生以下無料
問い合わせ先
TEL:0942-39-1131 
ホームページ
詳細は「久留米市美術館」のホームページで
https://www.ishibashi-bunka.jp/kcam/exhibition/20190620-2/

※イベントの日程などは急に変更になる場合があります
※地元のごく小規模なイベントなども掲載しております。イベントの内容に関しましては、各主催者にお問い合わせの上おでかけ下さい

福岡のイベント(2019年7月20日〜2019年7月27日)